2017年11月04日

赤城白川河川整備

CIMG3296.JPG
日時 10月1日晴れ・11月4日(土)晴れのち曇り
場所 前橋市青柳町 赤城白川河川
参加者 FG21会員10月1日6名・11月4日7名 
コメント  今年最後の3連休だ。我々はこれまで延びに延びた赤城白川河川整備をおこなった。朝打ち合わせ時は明日までかかると思われた作業が昼頃には今日終わるものと確信を得られるほど進捗した。気分が晴れると作業も順調に進む。
私としてもこの作業は、今日でおしまいにしたい。誰よりも早く作業地に入る。今日参加者は6名、あとから陶さんが来てくれることで7名となる予定だ。午前中参加者の頑張りが功を通して思わぬほど進捗した。昼からの作業は前回1ケ月前になるがその折刈残した作業の残り部分である。作業途中通り雨が降ってきて慌てたが大降りにならず何とかおしまいにすることができ気持ちが軽くなった。参加者一同は、高齢者が多いので雨に触れて風を引かないか心配だ。足掛け2ケ月台風との戦いであったがともかく終わった。
台風の影響か河川の流れは変わった、川幅が広く、蛇行が、これが自然現象か。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2017年11月03日

高塚もみじ祭り

CIMG3246.JPG
日時 11月3日(金)快晴 8:00〜15:00
場所 榛東村新井 群馬県林業試験場地内
内容 林業普及イベント
参加者 FG21会員12名 見学者多数
コメント  8時には林業試験場に機材運搬車と共に入る。前橋市内はぐんまマラソンで賑わっている。参加者は15,000人と次の日の上毛新聞に書かれていた。
榛東村にある群馬県林業試験場では高塚もみじ祭りも緑整備基金が加わり8団体となる。初参加の緑整備基金は草木染で庭園の賑わいを盛り上げている。
我がブーツも朝から人がいっぱいである。森の音楽祭は榛東村の北小学校・南小学校の2校が参加するブラスバンドの音で庭園は木霊している。主催者発表がないので参加人員はわからないが昨年に比べて天候がいいので多分多いものと思う。時間の経過とともに子供と父兄がいなくなり賑わいも寂しくなる。13時ごろにはこれまでにぎわっていた林業試験場の庭園も急に静かになった。わがブーツもあらほどにぎわっていたのが急に寂しくなる。 
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2017年10月28日

憩の森整備作業

CIMG3221.JPG
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2017年10月24日

2017年度 かんぽ生命保険助成事業

CIMG3200.JPG
日時 10月24日(火)13:00〜17:00
場所 渋川市伊香保町 憩の森森林学習センター
内容 竹林整備シンポジュウム
参加者 地方自治体含む54名 スタッフ7名 その他3名
コメント  FG21になって初めてのシンポジュウムがK−Betsの助けを借りて開かれた。=日本フィランソロビー協会窓口により(株)かんぽ生命保険支援による。ことの発端は東吾妻町新巻において竹の皆伐作業が3年目を迎え、切った竹を何か有効に使えないかと常に考えていたところ、米谷氏から石岡で炭之助を使い竹炭の製法=土壌改良材=教えてもらえたことから始まる。日本フィランソロビー協会から推薦で支援事業があるとの話が舞い込みとんとん拍子に話が前進した。しかし、炭之助を使い炭づくりの直前、“竹は廃棄物だ“野焼きはだめだ”とうとう浅野氏が私に勧告する。これにより勢いも減速したがその後、我妻広域消防署・県警生活安全課等に助言により周りに気を付けて焼却すれば炭化装置として認められる。こんな事柄から日日不明ながら憩の森では炭焼はしないものの新巻において竹炭を作る。シンポジュウムでは市村氏が開会挨拶をして愛知工業大学武田美穂准教授以下6名による講演した。時間を絶つのも忘れ参加者は一同に熱心に聴講した。機会があれば毎年開催したいものだ。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2017年10月21日

企業の森応援(協和発酵キリン水源の森)

CIMG3173.JPG
日時 10月21日(土)小雨 8:30〜12:00
場所 倉渕わらび平
内容 協和発酵キリン水源の森作業
参加人員 社員及び家族127名 FG21会員9名
コメント 先週もそうだが今週も秋雨前線+超大型台風21号が本土をうかがっており、朝から小雨が降ったりやんだりで悪天候だ。開会式が始まったが、残念ながら危険予知のため作業は中止となる。しかしデモンストラーションであるエンジュの木の伐倒が烏川森林組合で行われた。合羽を着て全員が伐倒場所に移動する。天候がよければ参加者を7班に分け+2班の子供たちによりわらび平は笑いの声が合唱したのだが。天候だけは我々にもどうにも致し方ない。
 エンジュの木の伐倒は写真で見て頂いた通り重心は下方に向かっており、そのまま伐倒すれば前の木に倒れる、専門用語であるかかり木になることが誰の目にもわかる。係り木にならないよう受け口を木と木の間にとり、追口は蔓を手前に厚く切って係り木にならないよう切っている。その状況を参加者に私が解説した。烏川森林組合の切り手が解説通り伐倒する。雲が低く少し暗い状態であったが木が倒れる瞬間一瞬明るくなる。見学の参加者は拍手が木霊した。
posted by fg21 at 12:29| Comment(0) | 活動の記録