2018年12月22日

真竹の伐採

CIMG6035.JPG
日時 12月22日晴れ8:30〜15:00・23日小雨8:30〜12:00
場所 東吾妻町小泉地内 0.3Ha
内容 真竹の皆伐作業
参加状況 22日11名・23日8名
コメント  小泉の真竹の伐採が開始された8日の初日に伐採の竹が頭に直撃を受けた。通常真竹の伐採時、真竹の直撃を受けてもヘルメットを着用していれば衝撃はそれほど強いものではない。(常に安全を第一としていることもあり注意を喚起している。)それでもこのような真竹の直撃を受けるアクシデントがある。しかも、めったにないがたて続けに10メートル以上の竹の直撃を2度も受けた。ヘルメットがその衝撃でひびが入ったがその折には気がつかず作業を続けた。後日、昼食時ヘルメットを脱ぎ、初めて気が付く。もしもヘルメットを着用しないで直撃を受けたらと思うと気が遠くなる、重大事故の発生になる。朝のミーテング時重要な実例として話をして厳重に注意喚起して作業を開始した。この日から林内機も投入して太い竹を集めるため動かした。集められた竹は竹炭を焼く予定だ。
 23日、天気は何とか1日中雨が降らないと予報が出ていたが10時前後から小雨が降ったりやんだりしてきた、この状態が昼まで続いた。昼食時参加者と相談したところ昼からも好転しない予報もあり残念ながら中止とする。本日で今年の作業は全行程終了となる。“来年はよい年で有りますよう。”
posted by fg21 at 10:07| Comment(0) | 活動の記録

2018年12月15日

真竹の伐採

CIMG6006.JPG
日時 12月14日晴れ・15日晴れ8:30〜15:00
場所 東吾妻町小泉地内 0.3Ha
内容 真竹の皆伐作業
参加状況 14日11名・15日10名
コメント  今週木曜日から金曜日にかけ寒波が襲来して、東吾妻町周辺地内は雪が降った。それまで風花程度で雪が舞っていたが、遅い冬も本格的に来たようだ。この寒さは座骨神経痛持ちものにとって神経過敏になる。痛い腰をさすりながら作業に没頭していると汗が出てくるとともに痛みが緩やかになってくる。
 今日で3日目・4日目に突入して作業は佳境に入り出し、藪化した竹林も全体の風景が変わりだす。全体を襲っていた真竹も歯抜けのようになり見えなかった竹林の向こう側が見えだす。真竹を切っても切っても竹林の向こう側が見えず変わらなかった状態から、光が差し込むように変わりだす。竹の伐採は切ることと、切った竹の処理、竹材として有効に処理したいと思う作業だ。竹材を見乍ら思いが重なる。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2018年11月22日

ポーラス竹炭シンポジュム

CIMG5526.JPG
日時 10月23日(火曜日)晴れ10:00〜17:00
場所 渋川市憩の森森林学習センター
内容 竹炭模擬づくり炭化炉、ポーラス竹炭保水実験、基調講演他
   基調講演 竹炭の農業利用 元明治大学特任教授 藤原俊六郎氏
        ポーラス竹炭の性質と効果 篠崎正利
        群馬でのポーラス竹炭活用例 FG21理事長 菊川熙英
参加状況 36名+K-BETS8+スタッフ3名=47名
コメント 県内各地において放置された竹林が、藪化し、いたるところで多くの人に迷惑をかけている。県内各自治体はその対応に追われているのが現状だ。40、50年ほど前には、医食住全てに竹製品が使われていたが現在竹は、厄介者の代名詞になっている。FG21は、2015年から東吾妻町で竹の皆伐作業に従事してきた。大量に発生する竹材を大量に消費できる選択肢は、それほど多くはないものと思われる。解決策の一つとして竹材を竹炭に処理することでバイオマスの優等生になるかもしれないとの見通しが出てきた。そこで今回(株)かんぽ生命保険支援事業としての昨年に続き竹林整備・ポーラス竹炭シンポジュウムを開催することとした。K-BETS制の炭化炉「炭之助」も出品している。
 炭之助を持ち出して午前中竹炭製造デモンストラーションを行う。NPO法人竹もりの里代表の鹿嶋興一氏が熱演する。ただし竹を燃やして竹炭をこしらえることができないが参加者は、群馬県木炭協会の会長や炭の専門家が多くて炭之助で竹材を燃やさなくてもポーラス竹炭の工法がわかってもらえたと思う。
posted by fg21 at 10:34| Comment(0) | 活動の記録

2018年11月17日

富士通の森応援

CIMG5804.JPG
日時 11月17日(土)快晴8:00〜12:00
場所 前橋嶺公園
内容 富士通フロンテックシステムズ
参加状況 富士通社員34名、FG21会員5名
コメント  快晴に恵まれて富士通フロンテックシステムズ社員34名が嶺公園にある富士通の森で森林整備を行った。FG21会員5名(予定6名)が安全・安心に作業ができるよう見守った。富士通の森で森林整備は、下刈機を使用して行う唯一の団体だ。この森を始めてから10年になる。当初より森林整備は下刈機の仕様で行っている。今回参加者を5班に分け手鎌長鎌班を2班23名で構成する。刈払い機班は、3班に分け11名で作業を行った。下刈機班の中では、社長も前前回より下刈機を使い、陣頭指揮にあたっている。社長は、慣れた手つきで器具の操縦を行い、受持ちテリトリーを終え刈残している別の班まで応援に駆け付けるほど手慣れた操縦だ。手鎌・長鎌班は、受持ちの場所を多くの人員で行った結果、予定をはるかに超えて終わった。予定になかったところに移動をして作業場所を広げ、全員が気持ちのいい汗を流している。公園でウォキングしている人から感謝の言葉を聞き作業が盛り上がるなど笑い声や、エンジンの快活な音が木霊していた。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2018年11月11日

拡大クリーン&グリーン活動


日時 平成30年11月11日(日) 8;30〜9:20
内容 イオンモール高崎周辺の清掃活動 周辺地域ゴミ75Kg
参加 FG21会員8名含む協賛会社402名
コメント
 毎年秋に実施しているイオンモール高崎店周辺の清掃活動にFG21の会員8名で参加しました。開会の辞の後、ラジオ体操があり全員で写真撮影をした後、コース内のどこかに金のカプセルが隠してありポップサーカスの入場券が当たるという話がありました。一般の人、他のボランティア団体、職員等が各コースに分かれてビニール袋とトングを持って清掃に出発しました。天気も快晴で歩いていると汗が出る程で道路や住宅前に落ちているゴミ、空き缶、ペットボトル等を回収しながら1時間近く歩き回りました。後ろの方から付いていったのでビニール袋に溜まるほどのゴミはありませんでした。
 帰路の広場で引率の係員がここのどこかに金のカプセルがあるから探してくださいといったので目の前の草むらをみたら直ぐに金のカプセル見つけるという幸運に恵まれました。
終了後全員がお菓子をもらいカプセルの景品を交換したらアイスクリーム券が当たりました。3人でアイスクリームを食べて買い物をして今日11日は「黄色いレシートキャンペーン」の日であったのでFG21のBOXにレシートを投函し帰途につきました。

posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録