2018年10月27日

トーマツの森応援

CIMG5633.JPG
日時 10月27日(土)曇りのち晴れ8:30〜17:00
場所 高崎市吉井町 トーマツの森
内容 トーマツの森整備・焼き芋BBQ
参加者 デロイトトーマツ合同会社44名(14名子供含)FG21会員12名
その他西部森林事務所他4名
コメント 昨夜来から雨が降っており、7:00ごろ止んだものの開催が危ぶまれた。吉井のトーマツの森につくころには雨もやみ空が明るくなってきた。東京組は池袋をスタートしたが高速道路が閉鎖されたためバスは一般道を走るとの連絡もあった。到着が大幅に遅れるかと思いきや、さすが第20回記念とあって、天候も味方に引き入れ気持ちの良い青空の下でのトーマツの森整備活動となった。さらに前CEOの小川氏が今月で定年を迎える最後の最後まで参加してくれている。そして今回は竹炭の土壌改良材に入れたサツマイモが収穫する。サツマイモは等松氏の手入れにより順調に収穫ができる。アトラクションとしてこのサツマイモを現場でBBQ方式による試食する企画もあって一層盛り上がった。子供たちはアトラクションまで、親たちと一緒に落ち葉拾い、落ち葉を集めてビオトーブ入れている。大人たちは竹林で汗を流している。今日1日参加者たちは笑顔いっぱいで、無事ケガもなく、トーマツの森で楽しく過してもらえたかと思う。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2018年10月21日

憩の森整備

CIMG5478.JPG
日時 10月21日(日)晴れ8:30〜11:00
場所 渋川伊香保町地内
内容 憩の森地内下刈0.5Ha
参加者 FG21会員9名
コメント 我々が群馬県より借用している事務所の裏の山手を年2開催日している。春も行ったが秋の下刈りは今日実施する。この作業は0.5Haで少なく、しかも作業場所が平坦で有る。我々参加している9名にとっては、さほど難易度が高い作業ではない。全作業予定は約1:30分程度かと思う。この作業を早く済ませて、これまで天候等で延び延びになっている前橋市内青柳町の赤城白川河川整備で残された作業を行いたい。依頼された整備を完了して早く施主に引き渡したいと思っている。
 憩の森整備が始まるとベテランの人々による作業は見る見るうちに下草が刈り取られて美しい憩の森に変貌してきた。憩の森作業は11時前に終わり、時間的に早いが作業場所を前橋青柳町に移すため昼食を取り、前橋青柳町に移動うした。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2018年10月20日

協和発酵キリン水源の森応援

CIMG5420.JPG
日時 10月20日(土)晴れ8:30〜13:00
場所 高崎市倉渕 協和発酵キリン水源の森整備
内容 企業の森応援
参加者 協和発酵キリン高崎工場授業員及び家族(子供含む)101名
    FG21会員9名+1名、烏川流域森林組合8名、県その他3名=122名
コメント  倉渕町川浦にわらび平にキャンプ地がある。毎年秋にこの地で協和発酵キリンが水源の森を整備している。協和発酵キリン高崎工場が水源の森を整備して12年になる。年1回といえ100名以上の人達が整備することで年々きれいになってきた。今回は初めての場所に3班とこれまで整備している場所に3班に分かれて除伐、間伐を行う。初めて整備する場所とこれまで整備している場所を比較して誰もが歴然とわかるほど整然と美しい。やはり毎年少しでも手を入れてやると自然は美しい姿で答えてくれる。
 子供班には今年竹トンボづくりをアトラクションとして取り入れて好評を得た。素朴な玩具?を自分の手で作り、飛ばして歓喜を上げる。高級なおもちゃも必要だがこのような手作りの玩具も時には必要だという思いが肌で感じる。そのほか、花の寄せ植えや紅葉が一段とさえるわらび平(標高1,000M)は1年中で今が最高に美しい。この紅葉した葉を押し花にした栞づくりもあり、子供たちは出来栄えで一喜一憂しておる。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2018年10月14日

トラックの森応援

CIMG5399.JPG
日時 10月14日(日)曇り 10:00〜15:00
場所 前橋市嶺公園トラックの森
内容 トラックの森整備
参加者 群馬県トラック協会及び傘下県内各地トラック業者200名(家族含む)
    特定非営利活動法人フォレストぐんま21会員14名、その他数名
コメント 第19回群馬県トラック協会主催のトラックの森整備が開催された。例年春と秋の年2回開催されており、多くの人の参加で見違えるようにトラックの森がきれいになっていく。原副会長の挨拶に始まり、参加者を15班+子供班に分かれて約2時間トラックの森で汗を流した。参加者は長鎌や手鎌で夏を越した雑草と向き合い、見る見るうちに刈りこんでいく。雑草も多勢に無勢か(この文言が適切か?)抵抗することをやめているようだ。
子供班もお父さんやお母さんに負けじと小さな手に熊手を持ち、刈り込んだ草を集めている。子供班は大人の人達とちがい少し早めにフィールドから上がり、紅葉している葉っぱを持ち寄り栞づくりやお花の寄せ植えを行った。広場では地元のテレビ局が取材に来ており、子供のはきはきと答える姿が印象的だった。日頃広いこの嶺公園も今日は多くの人の声が木霊している。気持ちいい汗を流したでしょうかお疲れさまでした。多くの人が帰った後FG21の皆さんが刈払い機をもって後始末の草刈りを行った。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2018年10月06日

トーマツの森整備

CIMG5314.JPG
日時 10月6日(土)8:30〜11:00
場所 高崎市吉井町トーマツの森
内容 トーマツの森受け入れ準備
参加者 FG21会員8名
コメント 先月9月14日トーマツの田仲さんを迎え、10月27日行うトーマツの森作業の打ち合わせを行った。現地に行くといつもお借りしている広場が今年の猛暑に耐えた夏草におおわれて、人を寄せ付けないかの如く威厳を保っている。我々の背丈を超すような雑草が生えており、木の弱い人ならおじけつくかのごとく広場を覆い尽くしている。東京のど真ん中日本橋より出たことがない人たちに雑草で覆い尽くされたこの状況を見たなら、バスより降りないで帰るという声が出るかと想像する状況だ。今回、業者より草刈りの新兵器を借りて夏草に挑戦する。新兵器は我々の期待に沿ってその威力が発揮された。エンジンをかけると早く草を刈りたいという音に変換されているように快調に動き始め、作業を開始する。見る見るうちに刈りはらう。この兵器を使うことで思った以上に捗り予定していた作業は11:00に終了する。その後前橋に移り別の作業となる。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録