2022年03月27日

エネルギー見直し

IMG_1411.JPG
日時 3月27日(日)快晴9:00〜12:00
場所 憩の森
内容 薪整理
参加状況 FG21会員12名
コメント  昨日もああたかい日和になったが今日は24度まで気温が上がるらしい。外での仕事も寒さが気にならないというよりも快適な生活環境である。昨年4月に東吾妻より持ち帰った栗の木が屋外で薪として使用できるように乾燥させていた。約1年になるかな。
この薪を35CMに束にして持ち出しなければと思っているうちに長期間この場所で乾かしていた。今日は、この薪を束にするためにFG21会員が12名集まってくれた。束にする針金はクリニング店からもらう針金のハンガーがちょうどよく使えた。このハンガーに干してある薪を入れる。そばに蝋梅があり、蝋梅からいい香が我々の気分も高揚させ、作業もはかどる。仕事環境は適度の気温、いい香りが作業効率を高めてくれる。
 薪の整理の後、参加者で憩の森を散策した。この散策は憩の森 トライアル・サウデング提案するため何か見つけ出そうと試みで行った。散策していると魔枯れが多く見受けられた。赤城の山の松は松くい虫にやられて全滅し、榛名山系が唯一残された松林なのだが。
令和3年度FG21が全日程が今日をもって事故もなく終わる。ご苦労様でした。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2022年03月26日

林業器具整備

IMG_4289.JPG
日時 3月26日(土)晴れ9:00〜12:00
場所 憩の森事務所
内容 刈払い機整備と目立て
参加者 FG21会員13名
コメント  連休には冬タイヤーから夏タイヤーに交換したばかりで23日には雪が降り、辺り一面が白くなり寒の戻りが来た。今日は暖かくなり18度まで上がるとの天気予報である。全国各地で桜開花の話と雪見ができるほど温度差がある。三寒四温と言われている春先の天候なのだが・・・
 コロナカの為2月は全休としたFG212は、温かくなってきた憩の森で刈払い機の整備を行った。刈払い機は、我々の持っている器具の中で一番使用頻度が高く壊れたり、エンジンがかかりにくくなったりしてどの刈払い機も器具寿命に近づいているように思える。そこで刈払い機を新しく10台更新し、安全安心な作業環境を整えることとした。この更新で刈払い機が一挙に40台以上もの所有することとなった。
長年使っている刈払い機は、それなりの物語があって手放すことができないような気がしている。古い機械にグリスアップをしていると愛着がわき出て長い間よく頑張ってくれたと心の隅で感謝した。ありがとう、ありがとう。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2022年03月16日

多々良沼ヨシ焼き

IMG_1377.JPG
日時 3月16日(水)晴れ8:30〜15:00
場所 館林市・邑楽町
内容 枯れたアシ・刈り取られたアシを焼き払う
参加者 多々良沼自然公園を愛する会・漁業協会・造園協会・消防署等約40名
コメント 約20年続いたヨシ焼きを白鳥がいなくなった多々良沼で行われた。ヨシ焼きは病害虫が駆除できる。水質浄化に役立つ。ヨシ原に他の樹木の侵入が防げる。生物の多様性が促進され豊かな自然の再生に寄与される。等々の効果が見られる。(多々良沼自然公園を愛する会より FG21はヨシ焼き前の12日多々良沼自然公園を愛する会より依頼されてアシ刈を行った。今日は春を呼ぶ恒例の風物詩となったヨシ焼きをみにきた。会長の挨拶後消防署からの注意事項があり作業が始められた。枯れたヨシは簡単に火が付き、燃え移りたちまち広い湖の廻を燃えつくす。柳の大木周りのヨシは12日までに刈り取られて柳の木に燃え移ることがないらしいが遠くから眺めていると燃え移るように見える。この作業を写真にとるためにマニアおおくのカメラマンがぱちぱちと写真に撮っている。この日は風もなく煙はまっすぐ立ち上る。周りは黒いカーテンが張りめぐらされたようになる。ヨシを焼いた後は黒い土壌が一面に覆われて、自然再生の力強さが覆う。終わりは自然沈下と水をまき消化する。新しい芽吹きが目られて多々良沼のヨシ焼きであった。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2022年03月12日

ガバ沼のアシ刈り

IMG_1336.JPG
日時 3月12日(土)晴れ 8:30〜12:00
場所 館林市・邑楽町にまたがる多々良沼
内容 多々良沼自然公園を愛する会主催の「ヨシ焼き」
参加状況 地元造園業者、地元漁業協会、愛する会等60名内外(FG21=14名含む)
コメント  多々良沼は、毎年白鳥が県内で最も多く飛来することや環境省絶滅危惧種U類に指定されているヌマアゼスゲ等貴重な生物が生息していることで有名な湖である。毎年多々良沼自然公園を愛する会から応援依頼がありFG21もアシ刈に出かけている。このアシ刈は後日ヨシ焼きの準備として行う。ヨシ焼きによって沼の水質浄化、植生の回復、白鳥をはじめとする多様な水鳥や野鳥の飛来など、生物の多様性や景観の保全が図られている。我々も多々良沼自然公園を愛する会から応援依頼を受け長年にわたり、春の風物詩としても欠かせない定例行事となった。昨年はコロナ禍の為に作業を見送ったもののやはり寂しさがあったが今年は総勢60名上の人が出て盛大に行った。FG21会員による刈払い機の説明がありその後グループごとに作業を開始した。アシは我々の背丈より高く伸びている。アシの中に入ると見上げるようなその実感である。本日の天候は申し分ない作業に適した日和だったこともあり、FG21会員が瞬く間に刈り上げ、風景が一変するさまは見事であった。アシ刈、ヨシ焼きにより多々良沼の生物は生き返ると思うと何だかうれしい気分になる。“生物多様性バンダイ“
posted by fg21 at 13:04| Comment(0) | 活動の記録

2022年01月29日

観音山多面的事業

IMG_1262.JPG
日時 1月29日(土)晴れ8:30〜
場所 高碕市観音山丘陵
内容 蔓切り、枯損木の整理、篠刈等
参加状況 29日=FG21会員14名
コメント  この森林・山村多面的機能発揮事業の令和3年度は、今日をもって完了した。昨年6月27日を第1日目として憩の森でチェンソー研修から7月11日観音山でのチェンソーの実技研修、そして今年1月8日樹木の密度計算の研修、刈払い機取り扱い研修そして観音山での蔓切り、枯損木の整理、篠刈の里山整備であった。令和3年度は面積10・07Ha、作業に従事した延べ参加者は115名、延べ日数10日であった。作業現場は野鳥の森といい、野鳥を愛する会が管理しており、山の中には遊歩道もあることからウォーキングしている人、野鳥を追っかけて遊歩道を歩く人、子供たちを連れて山に入る人等々が意外に多い。この人たちの為にも災害につながるような遊歩道に覆いかぶさっている枯損木を撤去できたことはうれしい。主に枯損木には山桜の立ち枯れが目立った。
昨年に比べFG21の会員の参加者が増え、しかも我々よりも若くて元気がよく動きもスムーズな人たちである。このような人たちが手入れの遅れた里山を整備してくれれば我々が標榜する「理想の森づくり」が完結するのだが。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録