2018年06月23日

企業の森応援(富士通の森)

CIMG4590.JPG
日時 6月23日(土)曇りのち小雨8:00〜12:00
場所 前橋市嶺公園 富士通の森
内容 下草刈り
参加者 富士通フロンテックシステムズ社員、家族(子供含む)48名FG21会員12名
コメント 雨が降ってもおかしくない空模様の中で富士通フロンテックシステムズの春の環境関連事業にFG21が応援した。昨年就任した社長も参加してほぼ全員が参加した嶺公園での恒例になった行事の一環に安全対策としてFG21も参加した。日頃デスクワークを主とした人達だ。今日だけは自然豊かな嶺公園で体を思い切って動かして気持ちのいい汗を流している。参加者の熱意で雨も作業が終わるまで降らないのではないかFG21も参加者に気持ちのいい汗をかいてもらうように気配りをしている。企業の森では動力源をエンジン付きの林業器具を使うのは珍しいが富士通フロンテックシステムズの若い社員が無難に使いこなしている。手鎌長鎌では2.6Haの広いフィルドを刈りはらうことができないがエンジン付きの刈払い機で見る見るうちに刈り払っている。願いもむなしく終礼前に雨も降ってきたがほとんどの草は刈りはらうことができた。テントの中では子供班がクラフトにお絵かきを夢中になっている。
作業中は雨も降らずに、かろうじて天候が持ってくれた。ありがとう。“無事事故もなく終えた“
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2018年06月17日

赤城白川河川整備

CIMG4521.JPG
日時 6月16日、小雨中止・17日(日)曇り8:30〜15:00
場所 前橋市青柳町赤城白川河川
内容 河川敷の下草刈
参加者 FG21会員8名
コメント 平成30年の梅雨入り後、連続してあまり雨が降らなかったがいよいよ本格的に梅雨模様になった、加えて台風崩れが重なり沖縄近辺は大雨になっている。群馬県も一昨日より雨が連続して降っており昨日は作業を中止した。幸い今日は何とか1日中雨が降らずに推移している。今日参加予定が12名なのだが天候との関係から8名の精鋭が集まってもらった。この人たちはベテランで作業経験を積んでいる。スズメ橋から上流下流400M、幅30Mの12,000m3下草刈り実施した。土手の勾配が急な斜面をもろともせずに作業を開始した。昼食をはさんで終礼時にはスズメ橋から上流は一部を残しほとんど刈り上げた。さすがベテランの人が集まっているFG21の会員だと思う。“ご苦労様、ありがとう“
 機材を渋川の憩の森に搬送した折、群馬県でこれまで経験したことのない、地震が発生した。震源地は渋川だというのに気が付かずにいた。2〜3日前まで千葉で多発していたのが群馬に来たか、月曜日には大阪で大きな地震が発生して命を亡くされた方も出ている。地震列島というものの何か不気味な予感がする。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2018年06月03日

烏帽子山の林道整備

CIMG4440.JPG
日時 5月23日(水)9:00〜12:00午前中曇り、午後より雨
6月3日(日)8:30〜15:00快晴
場所 東吾妻町 厚田 地内
内容 林道整備
参加状況 FG21会員5月23日4名・6月3日16名
コメント 烏帽子山林道は近年誰も手入れをされていないため鬱蒼としている。入り口付近には、藤の伐倒木が横たわっている。今が盛りときれいな藤の花がこれから先に入ってはだめと我々に示唆しているようだ。5/23日は、まず6/3日に備えて準備作業を行った。藤ノ木のきれいな花を切るのは忍び難いが良心をおさえ撤去した。藤ノ木には申し訳ないのだが少し広いフィルドを確保し、資材運搬車を入れる必要から致し方ない。今回は、藤ノ木を起点として川に沿って奥に800M×4Mを整備することになっている。基点から800Mまでの林道には風倒木が10数本の倒れており林道を塞いでいる。23日は、午前中は出来たが午後は、雨が降って中止とした。6/3日、16名の会員が参加して、3班に分かれて林道作業を開始した。わがFG21のメンバーは、要領よく伐倒木を撤去して前に前に進んでくれた。その作業ぶりは、目に見張るものがあり、たちまち林道らしく仕上げてくれた。その工期も5日考えていたが1日で終えることとなった。来週からは梅雨に入るという予報をもあり、日程が狂うことも予想していた。鬱陶しい雨が降る前に作業を終えてくれたことに感謝、感謝
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2018年05月26日

第72回群馬県植樹祭応援

CIMG4396.JPG
日時 5月26日(土)晴れ8:30〜12:30
場所 安中市みのりが丘パノラマパーク
内容 「緑化運動」
参加者 多数
コメント 緑化運動標語「この両手 緑を増やす手 支える手」をテーマに第72回群馬県植樹祭を安中市みのりが丘パノラマパークで開催された。みのりが丘パノラマパークは長野新幹線安中榛名駅前に住宅と公園が一緒になっている風光明美で環境の良い場所になっている。安中市は、有名な碓氷峠鉄道文化むら・安政遠足=日本のマラソンの発祥地・隠れた名所赤穂四十七議士石像等がある。
群馬県植樹祭はFG21も毎年ブースを与えられて参加している。式典は高校生による和太鼓の豪快な演奏から始まった。その後大澤県知事や地元茂木安中市長が挨拶された。その後緑の少年団による「自然豊かで緑あふれる安中市。植樹を通して自然を守りたい」メッセージ宣言があった。式典最後には来年開催地のみどり市のソメイヨシノと安中市のアカマツ苗木の交換を行われ、それどれの指定場所で大澤知事、元木市長ら林業関係者と緑の少年団による植樹が行われた。式典に参加している人たちや我々もみのりが丘パノラマパークメーンストーリにツツジ等の苗木500本以上を植樹した。これらの苗木が10年後20年後きれいな花を咲かせてさらに美しい公園ができる。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2018年05月20日

企業の森応援(トラック協会)

IMG_0011.JPG

日時 5月20日(日)晴れ8:30〜14:30
場所 前橋市嶺公園
内容 群馬県トラック協会主催トラックの森整備
参加状況 トラック業者207名 会員19名
コメント 今日は天気も快晴で早めに集合したFG21の会員はテントの設営、班別の道具準備、班別の下刈り場所のポ-ルの設定等を手際よく準備していた。日頃は激務をこなしているトラック協会所属の各社の関係者は毎回200名以上の参加者がある。春・秋そして10年目となる今回は顔見知りの方も多く見られた。作業は15班に分かれて手鎌、長鎌を使って公園内の下刈りの作業を行ったが、経年管理しているので整備状況もよく体力のある経験者も多かったので時間内で効率的良く作業ができた。
また子供の参加者も多いので、整備作業とは別にFG21が子供に遊んでもらえるアトラクションも設けた。アトラクションはコースター作り、花の寄せ植え等だが、子供たちは、笑顔で楽しい一時を過ごしてくれたと思う。大勢の参加者が汗を流して刈り払い作業を行った結果公園内は、見通しもよくきれいになり公園を散策する来園者も喜ぶことでしょう。(文責 西條)
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録