2022年12月07日

竹林の伐採

P1240180.JPG
日時 12月7日(水)、10日(土)11日(日)3日間晴れ 8:30〜15:30
場所 郷原第2区作業場
内容 真竹の竹林伐採
参加状況 FG21会員 7日=7名・10日=13名・11日=6名
コメント  7日は、元棚田と思われるところ下から1段目を昼頃までに終えて元棚田の2段目のところにチッパー機を移動させる道づくりを行った。チッパー機は自ら竹を粉砕して、チップを道に敷く砂利の役目をする。さらに2段目位の竹の粉砕が終われば、元棚田の3段目迄乗せたいと考えている。チッパー機の移動は竹の伐採即粉砕ができ作業効率が飛躍的にスピード化する。竹は立っている時よりも伐採後の容積が大きくなり、作業場を占有して始末が悪いが今回実施しっている、伐採即粉砕すればフィール場の確保と伐採竹林の作業成果が一目でわかり、作業に参加している人たちのモチベーションが高まる。
 郷原第2区の作業場は2区画に分かれており、10日午後から再測量を行った。その結果竹林内の薮化現象も重なり作業量は当初見込んでいた日日よりも3日〜4日分増したようだ。12月に入り穏やかな天候が続いている。これまで竹の伐採には申し分ない日和が続いた。しかし12月中旬から下旬にかけてシベリヤからの寒気団が近づいてくるらしい。作業日はこれまで通り穏やかであってほしい。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2022年12月03日

郷原の竹林伐採

P1240166.JPG
日時 12月3日(土)、4日(日)両日とも晴れ
場所 東吾妻町郷原地内
内容 竹林の伐採、風倒木の処理
参加状況 3日=9名、4日=6名
コメント  郷原地内の薮化した竹林の皆伐作業をしてこんなことを思う。今の行っている作業は竹林の伐採地だがほんの最近まで多くの人が住み、農林業を営んでいたのだろう。その人たちがいなくなり耕作放棄地や空家が多く散見されるようになった。その結果、過疎化が進み手入れがをできなくなり竹がいつの間にか侵入してしまったのだろう。時とともに竹が全てを覆いかぶさりその地がなんであったか忘れ去られるようになったかと思われる。竹林の皆伐作業が進むにつれて小さな祠や墓が現れたりする。今回の作業は11月に行った場所から西に約1KMほぞ行ったところだ。この地は日本の原風景をおもいだす。竹が侵入する前には美しい棚田ではなかったかと思う。山全体が階段状態になっている。一段ずつ石積で小さいながら平らな土地がある。そばにはJR吾妻線がある。
この段々な土地に粉砕機が通れる道を作りながら、切った竹が則粉砕して効率を高める。
FG21も竹の伐採を始めて10年近くなる。現場現場で経験と知恵が重なり、現場にあった効率の良い作業方法が工夫されるようになってきた。この地の竹が伐採された折には何が出てくるか楽しみだ。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2022年11月26日