2021年05月03日

群馬県「社会経済活動再開に向けたガイドライン(改訂版)」に基づく警戒度及び要請について(依頼)

関係各位様
群馬県知事 山本一太
平素から県行政の推進に御理解と御協力を賜り、深く感謝を申し上げます。さて、令和3年5月3日(月)に開催しました、第44回群馬県新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、別添のとおり、群馬県「社会経済活動再開に向けたガイドライン(改版)」に基づく要請(5月4日(火)以降)を行うことを決定しました。
つきましては、県民及び事業者の皆様に対し、群馬県「社会経済活動再開に向けたガイ
ドライン(改訂版)」に基づく要請を行いますので、貴団体におかれましては、貴下会員
や関係者等に対し各種広報・連絡手段を通じて周知いただきますようお願いします。
前回(5月1日(土)以降)要請からの変更点−
(1)ガイドライン警戒度の変更    警戒度「4」:35市町村
(2)外出・県外移動について
・生活に必要な場合を除き、不要不急の外出を自粛することを要請(特に、午後8
時以降の外出については極力控える)・県外との不要不急の往来は自粛することを要請
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 日記

2020年10月25日

企業の森受け入れ準備

IMG_3094.JPG
日時 10月25日 晴れ 8:30〜12:00
場所 高崎市吉井町奥平
内容 駐車場+竹置き場の整備、サツマイモ堀
参加状況 FG21会員13名+家族4名
コメント  昨日に続き晴天の下でトーマツの森整備が行われた。2日続きで晴天の下で作業ができる幸せをかみしめていた。それほど10月の選考は不順でした。作業は2班に分かれて1班は駐車場を行う。もう一班は孟宗竹を切った後、竹材の置き場として借用している畑である。この置き場は、今年の4月に借用できることになったがコロナ禍の為中止となり空き地となり、夏を過ごしたため背丈ほどの雑草が生い茂りこのままでは使用できなくなるかと懸念から下刈作業を行った。今年トーマツの森は東京からコロナ禍の為トーマツの森は寂しくなっているが企業の森として来春の為にも下刈作業を行った。
 アトラクションとして、社員が秋の収穫祭としてサツマイモ堀を行う予定であるがトーマツの社員が来れないためわれわれが芋ほりを楽しんだ。春に竹炭=土壌改良剤として蒔いた成果も見たかったためでもある。施主等松信夫氏がレクチャーの後芋鍼を始めた。サツマイモは多きく成長しており、竹炭の効果は抜群であったものと確信をした。参加者は、おいしいサツマイモを腹いっしょににに食べることだろう。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年08月25日

憩の森整備

CIMG5022.JPG
日時 8月25日晴れ 8:30〜13:30
場所 渋川市伊香保町 森林学習センター
内容 憩の森下刈整備 0.5Ha
参加 FG21会員 14名参加
コメント 憩の森はアカマツのきれいなところだ。群馬県では松林が至るところにきれいなマツ林があった。今この美しい松林が松くい虫にやられ消滅している。憩の森の松林は数少ない松林の名所になっている。
 今年は猛暑が続いている中、森の中は幾分和らいでいる。憩の森の地内ではFG21が下刈作業を行った。0.5Haの面積で平坦な場所、我々にとって比較的に楽な作業だ。各自刈払い機をもって憩の森のフィルドで自由に下草刈を行った。そのスピードは早く、我が儘に伸びている草を見る見るうちに刈り取った。全作業を終えるには90分もかからなかったようだ。さすがFG21メンバーだ。
 下刈を終えたメンバーは下刈機の刃の目立てを行う。目立ても約50枚あるがこれもいつもの通り目立てを行う。ボランティアーセンタから3台の目立て機を借り自前の目立て機6台と合わせて9台の目立て機で目立てもみるみる終わる。午後までかかるつもりが午前中にすべてが終わる。事務所で弁当を食べて本日は終了となる。いつもこんな調子で作業が終わればと思う。明日から林道北榛名線の作業がある。英気を養うため解散とする。会員の皆様、明日もよろしくお願いします。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 日記