2018年08月25日

憩の森整備

CIMG5022.JPG
日時 8月25日晴れ 8:30〜13:30
場所 渋川市伊香保町 森林学習センター
内容 憩の森下刈整備 0.5Ha
参加 FG21会員 14名参加
コメント 憩の森はアカマツのきれいなところだ。群馬県では松林が至るところにきれいなマツ林があった。今この美しい松林が松くい虫にやられ消滅している。憩の森の松林は数少ない松林の名所になっている。
 今年は猛暑が続いている中、森の中は幾分和らいでいる。憩の森の地内ではFG21が下刈作業を行った。0.5Haの面積で平坦な場所、我々にとって比較的に楽な作業だ。各自刈払い機をもって憩の森のフィルドで自由に下草刈を行った。そのスピードは早く、我が儘に伸びている草を見る見るうちに刈り取った。全作業を終えるには90分もかからなかったようだ。さすがFG21メンバーだ。
 下刈を終えたメンバーは下刈機の刃の目立てを行う。目立ても約50枚あるがこれもいつもの通り目立てを行う。ボランティアーセンタから3台の目立て機を借り自前の目立て機6台と合わせて9台の目立て機で目立てもみるみる終わる。午後までかかるつもりが午前中にすべてが終わる。事務所で弁当を食べて本日は終了となる。いつもこんな調子で作業が終わればと思う。明日から林道北榛名線の作業がある。英気を養うため解散とする。会員の皆様、明日もよろしくお願いします。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年12月10日

冬季雪のため通行止め未然防止作業

048.JPG
日時 12月10日(土)晴れ12月11日(日)晴れ12月13日(月)8:30〜15:00
場所 東吾妻町新巻
内容 真竹の皆伐作業
参加状況 FG21会員10日11名・11日13名・12月12日7名
コメント  12月10日は、未処理になっている竹を3人でチッパー機に投入する作業を担当する。前回道路上で残っていた竹は午前中にすべて集積場所まで運び、道路はきれいになった。上の方に残っている竹の伐採作業を行うが20メートル近くある竹を切ると時には積んであった竹の上を滑って道路上まで倒れてゆきヒヤリとすることもあった。竹林の脇には水路が何本かあり1ケ所で桝が詰まり水が溢れている処があったので修理を行った。土や落ち葉が中の方までぎっしり詰まり1日係の仕事となったが、長い竿、数本取りのどいたら気持ちよく流れるようになった。12月11日は、民家の後ろに残っている100本近くある竹の伐採作業を行う。効率よく伐採するため3人がチエンソーを担当して次々と竹を切ってゆく。下の方では、竹が道路まで倒れてくることがあるので安全の確認と車の整理を行いながら50本近くの伐採することができた。まもなく伐採作業も終了するので今までの伐採地区の測量も実施した。12月12日予定地区の竹の伐採作業を終了する。(文責 西條祝夫)
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年06月26日

森の鎮守様整備と赤城白川河川整備

P1230576.JPG
日時 6月26日(日)晴れ8:30〜12:00
場所 前橋市青柳町雀宮
内容 赤城白川河川整備と神社境内下草刈り
参加状況 FG21会員17名
コメント  先週の18日、19日に引き続き、今日も河川整備と新しく森の鎮守様境内の整備を行った。今日参加者17名を2班に分け、10名を河川整備に、7名を雀宮整備として班分けにする。河川整備は先週行っており、残務的下草刈りになる。しかし法面、増水した川面等の危険か所もあり侮れない作業だが日ごろ鍛えている我々だ。昨日刈払いやチェンソーの取り扱いの講習会があった。日頃これらの器具になれていない人たちに比べてFG21の会員はさすがに一段上手な人たちばかりだ。講習会と訓練の必要性が痛感させられる。作業は炎天下のわりに風があり、苦しいなりに進捗している。昼ごろには河川整備を終え、雀宮整備に加わってくれたことから一段と進捗した。午後までかかると予定していたが参加者がこの暑さにもめげず一生懸命に作業をこなしてくれたおかげで午前中に作業は完了で来た。雀宮の鎮守様も覆い被っていた雑草からさっぱりとしたかの如く景観はよくなった。
赤城白川の河川整備もここ数年行ってきたことから雑草の植生が変わってきたように思える。赤城白川の河川敷にはまもなく蛍が乱舞する、幻想的な風景が展開される。
posted by fg21 at 11:22| Comment(0) | 日記