2021年01月31日

観音山多面的事業

IMG_3874.JPG
日時 1月30日(土)31日(日)両日とも腫れ 8:30〜
場所 高碕市観音山
内容 篠刈・蔓切り、9.4Ha
参加者 FG21会員30日=11名・31日=10名
コメント  1月10日を皮切りに今日(31日)まで8日間、84名の参加者を得て9.4HAの観音山丘陵で篠刈や蔓切りを行った。我々が実施した作業場所は野鳥の森ゾーンである。それに数年前はこの場所でスギ材を搬出したところである。そのため作業現場には作業道がついていたことと、群馬県野鳥の会が遊歩道をつけていたことが幸いして比較的に短時間で9.4Haの作業は完了した。しかし、名勝地である白衣観音の懐手においてイノシシが出没していることも分かった。人通りが絶えないこの観光地ですらすぐそばに有害獣が出てくる現状を垣間見た。
 作業は、蔓きりであるが数年前にはスギ材を搬出するため手入れがされていたにも関わらず数年で大木のような蔓が至るところに生えており、蔓に巻き付けられた木々が枯死していた。篠も勢力を伸ばす準備をしていたのかあまり群生話見られなかったものの陽だまりには存在感があった。里山である観音山の作業はFG21がタイミングよく入り一様の環境を整えることができた。白衣観音も雲上から美しくしてくれた礼か「ありがとう」と言ってくれた気がする。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: