2020年02月29日

新巻の竹林保守管理

IMG_2140.JPG
日時 2月29日・3月1日 両日とも晴れ 8:30〜15:00
内容 2017年竹の皆伐した後の手入れ
参加状況 29日6名・1日9名
コメント  昨年11月2日及び3日若竹の伐採を行ったが他の場所と違い若竹の繁殖力の違いが鮮明である。11月2日3日時に刈り取ってから今日まであまり時間の経過がないのに昨年と同じだけ若竹が伸びている。最初に行った皆伐で刈り取った竹が棚積みにしており撤去していない。竹林内の道がないそのため保守管理がむつかしい。覆われていた藪化した竹が亡くなり林地内に太陽が入り、光合成が盛んとなり地下茎が活発化しているのだろうか?今回も15名が入り若竹の伐採に汗を流した。伐採を繰り返しているうちになでなんだろうか疑問が次から次と出てくる。
 伐採には、地際できるのがいいのか1m切がいいのか。切った竹材をチッパーにかけて粉砕するのがいいのかポーラス竹炭にするのがいいのか“竹は疑問が疑問を呼ぶ”
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: