2020年02月08日

森林・山村多面的機能発揮対策事業

IMG_2126.JPG
日時 2月8日、9日晴れ8:30〜
場所 高崎観音山国有林10.41Ha
内容 下刈・除伐・枯損木の撤去
参加状況 FG21会員8日13名・9日7名
コメント  高崎観音山多面的事業は天候にも恵まれ、多くの参加者にも恵まれて順調に推移してきた。8日は刈払いを中心に残された部分の下刈を行った。観音山の作業が冬行うのは5月より10月まで猛禽類の子育てがあり、巣立つまで待っているためである。10月はイベントや企業の森づくりで出来ない。雪の心配から11月は真竹の皆伐作業が入り作業ができるようになるには結局1月からとなる。
 観音山の作業も佳境に入り8日ないし9日がめどになった。10Ha以上の面積を1月11日最初に作業は開始された。当初2月中ごろには仕上げができるか心配してのスタートだが好条件の下で精鋭部隊がやるものだから見る見るうちに仕上げていった。
9日は、昨年異常気象であった日本列島ここ観音山も例外ではなく山桜かと思われる多くの樹々が先端部分を飛ばされている。山の中で有り散策する人もこの場所まで来ないと思うが危険と思われる枯損木を倒した。9日作業の終わりにはこれまで参加してもらえた会員に労をねぎらい令和元年の森林・山村多面的機能発揮事業は終えた。寒い中ご苦労様でした、ご苦労様でした。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: