2019年12月21日

真竹の皆伐作業NO3

IMG_1830.JPG
日時 12月21日(土)晴れ8:30〜12:00
場所 東吾妻町植栗地所
内容 真竹の粉砕
参加状況 FG21会員5名
コメント  12月15日までに皆伐した真竹の竹材を粉砕できずあと少しの残材を残している。今日はこの残材を粉砕して施主に完了報告書を提出したいと思っている。植栗の作業に入ってチッパー機が故障するアクシデントがあったものの大きな狂いもなく計画通り作業は進捗してきた。竹林の皆伐作業は、切った後の処理に手間がかかる。
植栗のこの地は、寒くじっとしていると寒さにより体が震えてくる。参加者は体を温めるためにも元気に作業を開始した。しばらくすると汗がにじんできた。汗がにじんで来る折にはあれだけあった嵩張る真竹の竹材はチップとなり大幅に減量している。皆伐した真竹の竹材はチッパー機にかけてチップ化する方法が一番手っ取り早く減量化できる方法なのだが竹チップは循環型資源としてみた場合再利用が少ない。竹が循環型資源として見直しする場合「チップ化する」「竹炭を作る」そのほかにないだろうか?植栗の作業は0.11Haに過ぎないが懸った人員57名、延べ日数8日、チッパー機の稼働が5日で有る。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: