2019年07月20日

須藤木材現場見学

IMG_0117.JPG
日時 7月20日(土)
場所 東吾妻町吾嬬山現場
内容 林道現場の機械化
参加状況 FG21会員10名 講師(須藤木材)3名
コメント  我々の願望で有った先進技術を持っている現場見学を実施した。高崎市にある須藤木材の現場を見学できることとなった。現場は吾嬬山現場で有る。吾嬬山は草津に近く川原湯温泉にも近い北毛地区で有る。須藤木材は主として西毛地区の現場が主力だ。キャリヤーはおじいさんの代から考えると50年以上、木を切ってきたらしい。既に3代目も現場に出ており、代々受け継いでいくのだろう。木を相手にする場合は経験が重要なキーポイントになる。社長・息子・わがFG21にも属している泉氏の3人で現場を切り盛りしている。人で不足を解消するため林業機械を駆使している。この現場にもクローラタイプのフォワーダ(集材運搬車)フェラーバンチャー+ハーベスタ(立木の伐倒・枝払い・測尺玉切り)グラップルソー(木材を掴んで荷役を行う)。高価な林業機械が一堂に沿っている近代的な現場で有る。わが方の女性も高性能林業機械に乗り試乗させてもらう。高性能機械の駆動もさることながらお願いをして係り木を作ってもらい、その解除をお願いした。普段は、チェンソーをつかわず高性能林業機械で伐倒・集材・測尺玉切を行うのだろう。係り木の樹木を回しながら解除する方法だが残念ながら方法は教えてもらったが係り木は解除できなかった。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: