2019年02月09日

真竹の伐採

CIMG6295.JPG
日時 2月9日(土)曇り8:30〜15:00
場所 東吾妻町 小泉地所
内容 真竹の皆伐作業
参加状況 FG21会員8名
コメント 小泉の真竹の皆伐作業も佳境に入った。皆伐作業は、あと数日あればすべて終了となる。作業の終わりが見えだしたが、今日土曜日から日曜日にかけて南岸低気圧が発生している。上空には、今世紀最大となる寒気圧があり。都心は大雪になると報道している。幸い群馬県まで大雪を降らせる低気圧が来ないので2月9日の作業は開始された。11時前後、岩櫃山から雪雲が小泉の作業現場に来て雪がちらついた。昼には目に見えて降り出したが昼食後少し小やみとなる。明日は出来そうにもないとの情報から作業は、続行することになった。我々の熱意に負けたのかその後雪の降り方も遠慮してきたのか薄日まで差しだして来た。今日の予定である真竹の伐採は、昼からの作業ができたこともあり完了できた。明日1日で伐採作業は終わるかと思う。しかし墓のそばのため予定より時間がかかるかもしれない。雪の積もる情報もあるが作業が明日もできればいいのだが。残念ながら10日(日)は、(前橋・高崎地域)雪が降った証拠がある程度だが、現地は、雪が深く作業できないようだ。従い、中止とする。工期が近いため非常に残念だ。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: