2018年09月16日

川戸竹林保守作業

CIMG5131.JPG
日時 9月16日(日)曇りのち晴れ
場所 東吾妻町川戸地内
内容 若竹の伐採
参加者 FG21会員10名
コメント  4月以降雨や猛暑その上台風などの影響で貴重な時間が無駄に終わっている。昨日も終日小雨で、作業は中止した。地球は後戻りができないほど温暖化の影響が色濃くなっている。世界の指導者は自分の国だけよければいいという風緒になっており、何かがあれば・・・ファーストの言葉が連呼している。温暖化も一つだがいろいろ困ったことになっている。
 幸い今日は、天候に恵まれて作業は、順調に推移している。川戸の若竹の保守作業は7月頃突如一斉に芽を吹き、伸びてきた柔らかい竹の駆除だが刈り取るのが急峻な土地だけに苦労する。苦労は、刈払い機をもって急峻な山肌を登ったり、下ったりする体力の勝負もある。しかし、わがFG21の会員は、そんなことで泣き言を言わない人たちだ。見上げたものだ。昨日は雨も降ったことから気温は下がって秋の気配がしたが、天候が回復すると汗がしたたり落ちる。暑い汗が目に入り暑さを大幅に感じるがこの地にも社があり、裏手に回れば木陰もあり風がよく通る涼しい場所もある。“一福一福しながら“
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: