2018年05月12日

第17回FG21通常総会

CIMG4258.JPG
日時 5月12日(土)8:30〜13:00
場所 渋川市伊香保 憩の森森林学習センター
内容 第17回FG21通常総会
参加者 出席者23名、委任状出席者16名 計39名
コメント 司会の山田理事が本日の総会は定款28条定足数を満たしているため有効な総会で有ると宣言して第17回FG21通常総会が開催された。理事長挨拶は、平成27年度から取り組んでいる藪化した竹林整備について話をした。現在県内各自治体が負の産物である藪化した竹林に悲鳴を上げている現状とFG21が竹林の伐採、伐採した竹材、竹材の有効活用について多くの支援者の手尾借りて竹材の活用=土壌改良材として見通しを述べた。厄介者の竹林がバイオマスの優等生に変換できる見通しを試行錯誤して繰り返し実用化をしていきたいと挨拶をした。来賓の群馬県環境森林部緑化課長が祝辞を述べて頂き総会は始まった。第1号議案2017年の実績報告書活動計算書から第7号議案まで説明と質疑応答挙手による賛成により全案執行部案が承認された。特に今年は役員改選により新たな執行部が決まった。理事=今泉充司氏、沖野公俊氏、菊川熙英氏、西條祝夫氏、長谷川比佐氏、平野瀧次氏、山田聡氏、監事に泉久志氏、市村良平氏が決まりそれどれの役職については5月27日の理事会で決まる予定だ。これからの2年間ご苦労様です。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: