2018年05月26日

第72回群馬県植樹祭応援

CIMG4396.JPG
日時 5月26日(土)晴れ8:30〜12:30
場所 安中市みのりが丘パノラマパーク
内容 「緑化運動」
参加者 多数
コメント 緑化運動標語「この両手 緑を増やす手 支える手」をテーマに第72回群馬県植樹祭を安中市みのりが丘パノラマパークで開催された。みのりが丘パノラマパークは長野新幹線安中榛名駅前に住宅と公園が一緒になっている風光明美で環境の良い場所になっている。安中市は、有名な碓氷峠鉄道文化むら・安政遠足=日本のマラソンの発祥地・隠れた名所赤穂四十七議士石像等がある。
群馬県植樹祭はFG21も毎年ブースを与えられて参加している。式典は高校生による和太鼓の豪快な演奏から始まった。その後大澤県知事や地元茂木安中市長が挨拶された。その後緑の少年団による「自然豊かで緑あふれる安中市。植樹を通して自然を守りたい」メッセージ宣言があった。式典最後には来年開催地のみどり市のソメイヨシノと安中市のアカマツ苗木の交換を行われ、それどれの指定場所で大澤知事、元木市長ら林業関係者と緑の少年団による植樹が行われた。式典に参加している人たちや我々もみのりが丘パノラマパークメーンストーリにツツジ等の苗木500本以上を植樹した。これらの苗木が10年後20年後きれいな花を咲かせてさらに美しい公園ができる。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: