2018年07月21日

真竹の保守管理

パノラマ 3.JPG上記の写真5月23日
日時 7月21日(土)猛暑日 8:30〜12:00
場所 東吾妻町新巻地内
内容 真竹の保守管理
参加者 FG21会員8名
コメント  連日猛暑が伝えられて、40度を超すのも時間の問題といわれるほど暑い暑い作業日だ。作業前には猛暑対策として首に巻く帯、熱中症対策のアメ、飲料水を配り作業を開始する。作業は昨年真竹の皆伐作業を行ったが7月過ぎと共に青竹が萌芽している。1m切で刈り取った真竹なのだが下の写真の通り萌芽が激しい。毎年真竹の保守管理をしていれば1m切の効果があるが藪化した竹林の地下茎を枯らすのは難しいか??
30分も作業を行ったところ、まず私がハチに刺された。ハチは黄色スズメバチのようだが一瞬のうちなので確信はないがハチの本体が黄色に見えた。ハチの毒を抜き、休憩をとっていたところ急に眠気がして道路に大の字になって休憩をとる。眠りこけた私を心配してI氏が起こしに来てくれた。同僚を心配してくれる山の男は気持ちのやさしい人だ。私を除く参加者は暑さもいとわず作業に熱中。しかし、この暑さゆえ午前中作業をするが午後と明日の作業を中止とする。“暑さの中での屋外作業は無理しない”
パノラマ 2.JPG写真は7月21日
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録