2018年07月07日

林業器具研修

CIMG4701.JPG
日時 7月7日(土)小雨 9:00〜13:00
場所 渋川市伊香保町 憩の森森林学習センター
内容 チェンソー取り扱い
参加者 FG21会員7名講師は三山工業星野課長
コメント  朝から小雨交じりで今日行う研修会は直前に4名からドタキャンもあり、出来るかどうか心配だった。ともかく憩の森に行きそこで考えることとした。憩の森には研修室も長い廊下もあり小雨程度ならできなくもない。今日の講師は、三山工業にメーカから派遣してもらえるようにお願いしている。しかし、メーカが都合がつかず三山工業のH課長が指導してくれることとなっている。幸いFG21の会員7名が集まってきてくれた。チェンソーの取り扱いで我々が知らない点、常日頃使用している折の疑問点等を出し合いって研修会は進めた。講師から指導してもらえた点ガスケット、スタター、プラグ等わかっているつもりでもH氏から違った観点で教えてもらい身につく。折角来てもらえたので刈払い機まで講習することとなった。先週刈払い機の研修をしたばかりなので目新しいものがないと思っていたがH講師は歯の研磨に写真のような目立て機があることを教えてくれた。我々が使っているチップソーの研磨だ。研磨機は、下刈機の動力を使い、刃を研ぐ方法だ。この研磨には歯のあたり部分がないが回転数と草の柔らかな部分で切れるのだから現場で使用できる。“検討する余地がある”
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2018年07月01日

林業器具整備(刈払い機整備)

CIMG4678.JPG
日時 7月1日(日)晴れ9:00〜15:00
場所 渋川市伊香保町 森林学習センター
内容 下刈機整備分解、刃の研磨
参加者数 FG21会員12名
コメント  FG21もこれから林道・竹林・里山・伐倒造材研修等本格的に林業作業が始まる。その安全第1歩が整備された器具で決まるという。われわれも17年目に入り林業器具もそれなりに充実してきた。今日と7月7日は林業器具を主体とした整備を行う。今日の林業器具整備は、刈払い機である。刈払い機も40台近くあり、メンテナンスも結構時間がかかる。分解、清掃(マフラーはカーボンを除去するため熱で処理する)、組み立てという順番で取り掛かるのだが中にマフラーとりはずしたが組み立てようとしたとき取り付けボルトが途中で折れていた。このように原因がわかるまでに時間がかかる時もあり、40台近くもあればいろいろなタイプがあり結構面白く作業は展開していく。大半我々の手で修理できるが中には折れているボルトが器具についているような重症の器具もあり、修理業者にお願いする器具を車に入れて刈払い機全てを判別した。目立ては午後から行う。30枚近い歯の件まではヤスリとチップソーの刃がにぎやかに合唱している。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録