2018年06月30日

赤城白川河川整備、雀宮整備

CIMG4611.JPG
日時 6月24日(日)快晴 30日(土)晴れ
作業内容 24日=赤城白川河川・雀宮整備 30日=雀宮整備(森の鎮守様)
参加状況 24日=11名・30日=7名
コメント  昨日は曇りのち小雨で外気温はそれほど上がらず作業日和でした。それに比べ24日及び30日は猛暑日となった。6月28日は観測史上最も早い梅雨明けとなった。特に24日の赤城白川河川整備は日陰がなく、もろに灼熱の赤い太陽がガンガン降り注ぐ中での作業である。午後、参加者たちの顔が真っ赤に日焼けしているのがわかるほどである。河川は昨日までの雨模様のため増水しており、流れから1M程度は近寄らないことを話し合いながら進捗した。ベテランの参加者たちは、給水をしっかり取りながら頑張ってもらえたので河川整備は午前中に終えた。午後から雀宮整備(森の鎮守様)の整備に移った。森の鎮守様の境内には鬱蒼としており、木陰は十分あるが午前中の疲れがどっと出てきておりはやめの終了となった。30日は、この日も猛暑日になったが参加者のてきぱきした行動で11時には終えることとなった。赤城白川河川整備と雀宮整備(森の鎮守様)は、梅雨明けでの作業となったため竜野太陽が我々を体力・気力を試すため仕掛けてきたが我々はそれを跳ね返した。シニア―の底力を目の前にしておそれいった。“ご苦労様です早く帰って休んでください”。

posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2018年06月23日

企業の森応援(富士通の森)

CIMG4590.JPG
日時 6月23日(土)曇りのち小雨8:00〜12:00
場所 前橋市嶺公園 富士通の森
内容 下草刈り
参加者 富士通フロンテックシステムズ社員、家族(子供含む)48名FG21会員12名
コメント 雨が降ってもおかしくない空模様の中で富士通フロンテックシステムズの春の環境関連事業にFG21が応援した。昨年就任した社長も参加してほぼ全員が参加した嶺公園での恒例になった行事の一環に安全対策としてFG21も参加した。日頃デスクワークを主とした人達だ。今日だけは自然豊かな嶺公園で体を思い切って動かして気持ちのいい汗を流している。参加者の熱意で雨も作業が終わるまで降らないのではないかFG21も参加者に気持ちのいい汗をかいてもらうように気配りをしている。企業の森では動力源をエンジン付きの林業器具を使うのは珍しいが富士通フロンテックシステムズの若い社員が無難に使いこなしている。手鎌長鎌では2.6Haの広いフィルドを刈りはらうことができないがエンジン付きの刈払い機で見る見るうちに刈り払っている。願いもむなしく終礼前に雨も降ってきたがほとんどの草は刈りはらうことができた。テントの中では子供班がクラフトにお絵かきを夢中になっている。
作業中は雨も降らずに、かろうじて天候が持ってくれた。ありがとう。“無事事故もなく終えた“
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2018年06月17日

赤城白川河川整備

CIMG4521.JPG
日時 6月16日、小雨中止・17日(日)曇り8:30〜15:00
場所 前橋市青柳町赤城白川河川
内容 河川敷の下草刈
参加者 FG21会員8名
コメント 平成30年の梅雨入り後、連続してあまり雨が降らなかったがいよいよ本格的に梅雨模様になった、加えて台風崩れが重なり沖縄近辺は大雨になっている。群馬県も一昨日より雨が連続して降っており昨日は作業を中止した。幸い今日は何とか1日中雨が降らずに推移している。今日参加予定が12名なのだが天候との関係から8名の精鋭が集まってもらった。この人たちはベテランで作業経験を積んでいる。スズメ橋から上流下流400M、幅30Mの12,000m3下草刈り実施した。土手の勾配が急な斜面をもろともせずに作業を開始した。昼食をはさんで終礼時にはスズメ橋から上流は一部を残しほとんど刈り上げた。さすがベテランの人が集まっているFG21の会員だと思う。“ご苦労様、ありがとう“
 機材を渋川の憩の森に搬送した折、群馬県でこれまで経験したことのない、地震が発生した。震源地は渋川だというのに気が付かずにいた。2〜3日前まで千葉で多発していたのが群馬に来たか、月曜日には大阪で大きな地震が発生して命を亡くされた方も出ている。地震列島というものの何か不気味な予感がする。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録