2018年04月08日

巨樹古木めぐり(群緑推応援行事)

CIMG4178.JPG
日時 4月8日(日)晴れ8:30〜17:00
場所及び内容 前橋からスタートする西毛コースと利根沼田コース
太田よりスタートする吾妻コースと東毛コース計4コースのバスツアー
参加者 各コース40人(総勢160人)及びスタッフ各2名(樹木医4名+FG21会員4名)
コメント 毎年巨樹古木めぐりは、人気度、最高のバスツアーで有る。今回私が添乗員として利根沼田コースを担当した。その折の利根沼田コースより発信である。前橋よりスタートした利根沼田コースは赤城インターに立ち寄る。春の嵐か赤城ICで雪が舞い、強い風が吹雪に代えた。赤城インターは桜が満開である。満開の桜を見ている人に突然の吹雪は、さぞびっくりしたようである。3月に夏日が来て、4月に吹雪とはどこかおかしい日本列島。吹雪は一過性で片品の「しばぎわのシナの木、大イチイ」巨樹があるところでは晴れていた。
佐藤家のシナの木、大イチイを皮切りに巨樹古木の見学地は、吉祥寺のヒメコマツ、迦葉山の馬かくれスギ、発地のヒガンザクラ、薄根の大クワと回る。巨樹、古木は悠久の時によって育まれた。これらの樹々は、昔から地域の人々の生活の営みを長い間見守ってきた歴史の証人であり、信仰の対象あるいは地域のシンボルとして、人々の精神的な支えにもなっている。機会あればぜひ一見する価値があると思う。今回は、発地の彼岸桜が満開で素晴らしく見学者の驚嘆の声を聴いた。この桜が咲くと苗代をつくるが始まる「苗代桜」ともいわれる。発地の彼岸桜は何処からも見えてともかく素晴らしい。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録