2017年04月29日

春の庭園解放

CIMG1769.JPG
日時 4月29日(土)9:00〜15:00
場所 林業試験場
内容 春の庭園解放の応援
参加状況 FG21会員7名、その他4名、県職員8名
コメント  林業試験場には、6.25HAの敷地に400種類以上の樹種を有する樹木園、展示林があり、4月下旬から5月上旬にかけては、新緑の中にヤマツツジやキリシマツツジ、コムラサキなど数種類のつつじが咲き誇る。これらを県民の方々に鑑賞していただくことにより、森林や自然環境保全への理解促進の一助とする。FG21は、林試の春の庭園解放に16年前から応援している。例年は、ゴールデンウイークの最終日に開催していた。この時期には庭園に咲き誇るツツジが見ごろを終えてしまい残念な結果に終わっている。今年はゴールデンウイークの最初の日に開催した。昨日は雨も降ったこともありつつじに勢いがありそのうえ本日は快晴で風もなく絶好の花見日和になった。林試では、2つの駐車場(300台収容)を設けたがピーク時(10時〜11時)にはほぼ満車となるほど盛況であった。過去15年間で初めての現象である。館林のつつじ祭りをはじめ県内各所にはツツジの名所が数多くあるが林試のつつじはつつじの種類の多さで関東でも指折りの名所だ。林試のつつじ祭りに応援に来たFG21の会員も終日汗を流しながら動き回った。心地よい疲れに晩酌も進むか、お疲れ様でした。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2017年04月09日

第44回巨樹古木めぐりツアー

P1240091.JPG
日時 4月9日(日)曇り8:00〜17:00
場所 前橋より吾妻コース・東毛コース 太田より西毛コース・利根沼田コースの4コース
内容 群馬県緑化推進委員会主催の巨樹古木めぐりツアーのシスタント
参加者 各コースより43名×4台
コメント 早いもので巨樹古木めぐりツアーも第44回を迎えた。FG21も最初からアシスタントとして協力してきた。このツアーは非常に人気が高く、私の乗った利根沼田コースは定員の3倍の応募があったらしい。バスは太田合同庁舎を9時前にスタートして、一路片品村のシナノ木・大イチイの巨樹に向かう。推定600年のシナノ木は根元に祠があるほど巨木だ。その後川場の吉祥寺に向かう。吉祥寺は臨済寺の禅寺で有る。このお寺は庭園が特に美しい。吉祥寺ではヒメコマツを見学する。その後昼食をはさんで沼田の彼岸桜を見に行く、さくらは残念ながらつぼみが固く咲くには数日かかりそうだ。さくらの語源はサ=田の神をあらわし(サナエ、サオトメ)クラは、神の依代の意という説があるそうだ。同じ沼田市の迦葉山の馬がくれスギを見学。迦葉山は、雪に覆われて、山深い場所にある。参拝するにはお寺の近くにこの杉があり、急な参道を歩かずにこの杉に馬を隠したという謂れがある。最後に薄根の大桑を見学する。この大桑は、山くわの巨樹で有り、日本一である。大桑の木の前で全員の記念写真を撮り、一路太田に向かってバスは帰っていった。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2017年04月08日

企業の森応援(トーマツの森)

P1240039.JPG
日時 4月8日(土)曇り 8:30〜15:00
場所 高崎市吉井トーマツの森
内容 里山整備
参加状況 トーマツ社員45名(子供11名含む)FG21会員16名
コメント  今群馬県は桜が満開で、さくらに刺激されたか多くの花が咲き誇っている。気候も1年中で一番いい暮らしやすい季節になった。こんな日は絶好の山仕事の日和だ。朝早く東京を出発したトーマツの社員を乗せたバスが10:30ごろトーマツの森についた。この一団は若い女性が多いせいか華やかな雰囲気が醸し出されてきた。8:30ごろから準備に取り掛かっていたFG21会員も一段と張り切っている。
午前中は、開会式やデモンストレーションを行った。今回の伐倒デモンストレーションはトーマツの社員による桐の木の伐倒である。FG21のリーダがトーマツの社員を指導して安全、確実に行えるよう2人が付ききりである。道具は手鋸で行う。多くの人の見守る中呑み込みの早い若い社員はこちらの指示通り行ってくれて無事着地点に伐倒する。午後からはそれどれのテリトリーで竹の伐倒、ビオトープの補強、チッパ機による竹の粉砕等日頃静かなトーマツの森は終日若い声が木霊していた。整備作業も終わりの時間には地元のお母さんたち朝採りの野菜即売会あり、お土産にいっぱい買って帰えった楽しい1日でした。FG21会員とお母さんたちは東京に向けて帰るトーマツの社員を乗せたバスを見送った。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録