2017年01月28日

森林・山村多面的機能発揮対策事業

CIMG1515.JPG
日時 1月28日晴れ、29日晴れ8:30〜
場所 高崎 観音山ふれあいの森
内容 下刈及び除伐
参加状況 FG21会員28日=13名・29日=12名
コメント 28日終礼では、作業完了があと1日でできる状況までになってきた。明日には28年森林・山村多面的機能発揮対策観音山事業が終える。天気予報も明日は晴れるとの情報だ。思えば1月9日、1月15日、1月16日も雨や小雪交じりで中止となる。今年の天候不順も重なり、テレビ等情報メディアでは大雪警報が流れていた。雪が降られたら雪が消えるまで作業は長く中止せざるを得ない。こんな状況に追い込まれたら締め切りで有る2月末までに完了できないと心配でいてもたってもいられなかった。幸いその後の天候も回復して、参加者にも恵まれ快調に作業が進んで今日を迎えるまでになった。つい先日まで雪や雨が降り中止の重なった折の心配が嘘のようになった。
 28日はこれまでの作業中やり残した部分の点検、枯損木の伐倒作業を行う。今までの下刈りの刈払い機から伐倒用チェンソーに替えての作業になる。最後に日は、美しくなった観音山ふれあいの森を一巡して完了する。終礼時、甘酒で乾杯してこれまでの労をねぎらう。皆さんのご協力にありがとう、ありがとう。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2017年01月22日

多面的機能発揮事業(観音山ふれあいの森)

CIMG1485.JPG
日時 1月21、22、23日 8:30〜
場所 高崎 観音山 9.041HA
内容 徐間伐、下刈
参加者 FG21会員 21日雪のため中止、22日12名・23日9名
コメント 作業開始前日の20日は全国的にこの冬最強のカンパが襲来していたるところで雪のため交通がマヒひている情報をテレビに映し出されている。こんな状況下で雪が群馬県中央部に降り始めた。観音山は標高が低いが雪が降っていて積もるかもしれないと地元からの情報により21日は中止とした。ところが当日21日は、天候もよく風もなく下刈作業には絶好の日和となった。観音山の作業は遊歩道から水無し川まで急な勾配だが70メーター前後あり、等高線に3班に分け参加者のテリトリーは固定かしており、迷うこともなくそれどれの持ち場で作業が開始された。前々日に降った雪は跡形もなく消えており、下刈作業は順調そのもので進行した。終礼時、昨日の分も取り戻したと思った。
23日も昨日より寒さが厳しいものの作業は順調に進む。23日時点では、予定通りの進捗だ。このまま天候がよければ計画通り終了となるのだが・・・。
 この日から急な勾配から転落を防ぐため除雪用のスパイクを装着して作業に臨んだ。スパイクの効果があるものの雪用のため山では耐久性に問題がある。無駄な投資をしてしまった、用のスパイクを購入すべきだ。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2017年01月14日

平成28年度森林・山村多面的機能発揮対策事業

CIMG1458.JPG
日時 1月14日(土)曇り。15、16日は雪のため中止
場所 高崎観音山ふれあいの森
内容 下刈り
参加人員 FG21会員11名
コメント  今年の作業は、雨や雪により中止せざるを得ない日が続く。この日も寒さが厳しく昼食もそこそこで休憩していては寒さが体中に響き渡るようで、作業を中断することなく続けた。ラジオやテレビの天気予報によると数年ぶりの最強の寒気団が襲来して、大雪になると報道している。こんな状態に係わらず観音山の作業は急峻な斜面にもかかわらず順調に進捗している。作業は、急峻な斜面だけではなく落葉による足元も危うい、このような状況下で難航な作業なのにFG21の会員はもろともせず、進んでいる。主催者の気持ちは、一人ひとりの安全な作業の続行を切に祈願し止まない。前回、白衣観音に安全祈願をして作業に取り掛かったので安全に遂行できるよう見守ってくれているようだが・・・。
 終礼近くなると、雪がちらちら降ってきて寒さも一段と厳しくなってきた。ミーテング時、明日からの作業は雪が降る確率が高いこともあって中止とする。主催者は完了の日日のこともあり、穏やかではないが安全第一をもって作業を進めて行くことが最優先と考え明日・明後日の作業は取りやめとした。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録