2016年08月27日

林道作業

IMG_0952.JPG
日時 8月27日(土)小雨のち雨 8月28日(日)霧雨のち曇り
場所 北榛名線五町田林道
作業内容 林道沿線下草刈作業
参加状況 27日10名(現場集合者)・28日10名
コメント  8月28日は朝5:00小雨が降っており作業実施が危ぶまれた。時間の経過とともに雨は霧雨状態となる、降ったりやんだりで判断に迷った。優柔不断だが時間に余裕があれば中止にしたいところだ。
そんな判断の迷いも現場につくと雨は止んだ。作業は10名の参加者による2班の組分けで実施された。全コース2000メートルあり、500メートル地点毎に目印をした。われわれは、林道沿線を刈り込んでいくもなかなか最初の500メートルの地点に到着しない。もやもやしているうちに昼時となり昼食もそこそこに作業を再開した。すると不思議不思議昼からのスタート地点は500メートル地点のすぐ手前からスタートしていた。
作業終了時は、さらに300メートルは進んだだろうか。一方の班もすぐそばだと思っていたが2班のエンジンの音も聞こえてこない。自動車で確認したところ2班は、スタート地点から700メートル地点まで来ていた。両班合わせて残り林道沿線は500〜600メートルか。しかし、今日は500〜600メートルが遠く感じる。
終了時ミーテングをしていると雨が待ってくれていたように降りだしてきた。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2016年08月19日

林業体験

CIMG0233.JPG
日時 8月19日(金)小雨のち曇り9:00〜12:30
場所 前橋市 国立青少年交流の家
内容 下刈、蔓きり
参加 前橋工業高校 49名+先生3名・FG21会員9名・赤城南麗森林組合2名・赤城塾1名
コメント 16日より台風7号の接近により関東は150mm以上の雨が降る予報のため準備作業は中止施樽を得ない。17日朝起きると昨夜らいからの雨はやみ暑さが猛烈になる。群馬県館林市は39.6度を記録して体温より暑い。大気が荒れてフェーン現象になっている。18日は雨に変わる
19日も台風の影響で昨夜から雨が降り続いている。私が朝自宅を出ても赤城青少年交流の家会場に到着まで霧雨が降っていた。会場は例年なら準備作業も行っていたはずだが、今年は準備作業も台風のためできず、準備作業ができないまま本番を迎えることとなった。
前工の生徒は予定通りの時間に到着、開会式のセレモニー後先輩たちが植えた植樹の下刈、蔓切りを始める。50数名の生徒とFG21会員9名+森林組合2名+赤城塾1名による作業はみるみるうちに背丈ほどの草を刈り取っていく。休憩をはさみ約2時間の間普段静かな赤城青少年の森は若い人たちの声が木霊していた。
作業終了時はあたりの景観も一変している。実作業2時間ほどであるが現場で記念写真を撮り全工程無事事故もなく終了した。曇りの下の作業は炎天下より快適であったが湿度が高いため汗が噴き出てくる。初めての林業体験を経験した前工の諸君ご苦労様でした。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2016年08月06日

サーキット会場になる林道整備

CIMG0125.JPG
日時 8月6日(土)晴れ、7日(日)晴れ8:30〜15:30
場所 東吾妻町萩生地内
作業 林道坂倉線沿線下草刈り2.2Km(道路の両サイド4.4Km)
参加状況 6日FG21会員13名、7日FG21会員7名
コメント  遅かった梅雨明け、梅雨明け後もぐずついた天候。そんな天候になれた我々だがここ数日前から猛暑が続き、35度以上の猛暑日が続く。この暑さから逃避できるのは木々に囲まれ昼なお暗い林道沿線の下草刈り作業だろう。坂倉線の体感温度は30度を下回っているのではないかと思う。刈払い機のエンジンから発する熱、体を動かしている熱と長袖+長ズボン+林業用長靴で要ることは暑い。
しかしどうしょうもない暑さではないのが不思議だ。そんなことを思いながら汗を流しながら作業を行った。この林道は平成18年に完成して以来1度も沿線整備を行っていないため沿線には徐木も生えており道幅を狭くしている。雑草や徐木を刈り取ると林藤と思えないほど広い舗装された道が延々と続く。
作業中この道を通る車も少なく、2日間で有るが乗用車や軽トラックとバイクが数台通過しただけである。サーキット会場になっているとは嘘のようだ。今年は2.2Kmだけだが総延べ数6Kmあるらしい。下刈が完成し、整備されたならばサーキット会場として多くの車両が通ることだろう。また、東吾妻町と高崎を結ぶ地元の人にとってはライフラインなのだから。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録