2022年06月18日

器具の取り扱い(チエンソー)

IMG_4467.JPG
日時 6月18日(土)8:30〜15:00
場所 憩の森森林学習センター講義室および裏庭
内容 馬渕征雄氏が編集した「林内作業安全マニアル」チェンソー編
   林業・木材製造業労働災害防止規程
   講師 藤井秋男、安藤吉英両氏
参加者FG21会員16名
コメント  市村理事長の挨拶が始まる。理事長は今年も安全作業の徹底を宣言して座学が始まった。藤井講師による林業・木材製造業労働災害防止規程を読み上げる。特に林業・木材製造業労働災害防止規程の第2編 林業 について詳しく解説をする。休憩を挟みその後、安藤氏が講師になり「林内作業安全マニアル」チェンソー編の座学が始まる。安藤氏の実体験も交えチェンソー編の研修は進んでいく。ごぜん10:50分ごろから目立て講習に切り替える。事務所裏にある空き地で始まった。トラックの荷台が手頃の高さなのでトラックの荷台も活用する。昼食後目立てをしたチェンソーをもって模擬立木に受け口・追口を作り、それにくさびを加えて研修が進んでいく。座学では、かかり木処理については来週26日の日曜日観音山の現場で行うとして、おいづる切りの高度な切り方も模擬罰倒木で処理をする方法を教えている。参加者は熱心に講師の話に耳をそばだたせて聞いている。立木1本で森は形成されてはいない。立木は枝がらみの樹・蔓がらみの樹もある。伐倒方向には伐倒の障害となる障害物がある。講師と受講生は時間のたつのも忘れて熱心に作業に取り組んでいた。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2022年05月28日

事務所・倉庫の大整理

IMG_1625.JPG
日時 5月28日(土)晴れ 9:00〜12:00
場所 憩の森事務所および倉庫
内容 新しいスタッフに引き継ぐための事務所・倉庫整理整頓
参加状況 FG21会員9名
コメント  第136回理事会が来る6月5日(日)に開かれる。この理事会では新スタッフが発足してこれからのFG21を運営していく。その前に約20年間憩の森の事務所や倉庫を一度も整理整頓をしていなかったために不用品が溜まり、部品や不要になった小冊子が山と積みこまれて空間のスペースがないほどになった。旧理事や監事に加えて新理事監事があつまって大掃除を兼ねて不用品の整理を行った。不用品の小冊子の中には一度も封を切ってない真新しいものが続々表れて、それに物珍しく整理・清掃を忘れて読み始めてなかなか前にすまない珍現象もあり、2時間もすれば終ると思っていたことが午前中一杯かかった。整理整頓を始めだすと涙をこらえて断捨離をしなければこれも必要、あれも残さなければならないと捨てるものがなくなる。みんなで相談の末、一昨年使用しなかったものは捨てることと申し合わせた。それが断捨離の極秘にあったかどうかはなはだ疑問にも思うがそれでもトラック一杯の不用品が出た。20年間の記録が残るのか消え去るのかわからないが整理整頓ができた。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2022年05月22日

 企業の森応援(群馬明治)

IMG_4453.JPG
日時 5月22日(日)晴れ 9:00〜12:00
場所 前橋市大室公園
内容 古墳の廻の下刈作業
参加状況 従業員家族含む23名+FG21応援部隊11名
コメント  コロナ禍の為ここ2年下刈作業ができなかったが、感染拡大が警戒度1にもなったことや感染拡大防止を徹底することで群馬明治の森下刈作業ができた。今朝未明まで雨が降っていたが参加者の熱意が天まで届いたのか作業開始時には太陽も出てきた。群馬県は日本一の古墳県と言われている。その中でも大型の古墳が大室公園に数多くある。
今日参加した明治群馬の従業員は皆若く、やる気満々な人たちである。作業を開始するや、わが物顔で傍若無人に伸びていた雑草もみるみる刈り取られ美しく変貌していく。作業現場は模擬埴輪が並べられている。作業終了時には、多くの埴輪が何だか笑顔の顔になっていることに気が付く、埴輪は夏に向かってむさ苦しいところをきれいにしてもらってありがとありがとうと言った気がする。大きな公園から見て小さな出来事かもしれないが積み重ねると群馬県がきれいになる。日本人の気構えが群馬明治の従業員に見た気がする。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2022年05月15日

企業の森応援( 企業の森応援(トラックの森)

IMG_4365.JPG
日時 5月15日 快晴 8:30〜14:00
場所 前橋 嶺公園 トラックの森
内容 トラックの森整備
参加状況 トラック協会傘下の運送業者186名、スタッフ30名、FG21会員18名
コメント  トラックの森整備は、コロナ禍の為2年ほど実作業を中止していた。今回コロナ禍も落ち着いてきたことや、コロナ感染拡大を予防する対策を取り開催された。10:00の開会式より約90分程度作業をする。作業班は14班と子供班に分かれて北側の駐車場から管理棟迄600mを整備する。過去トラックの森は、協会が手入れをするまで手入れが十分でなく篠や雑草に覆い茂り傍に通る道路から下の道路が全く見えなかった。10年間春・秋の2回の実施と毎回200名参加者によって整備をしたことから2年間の中止(公園管理者が2年間整備してくれていた)でも今回の実施ですぐさま元の美しい庭園に復元できた。10年間整備したトラックの森で2年間放置しても今回の整備ですぐさま元の美しい森になることを発見できた。うれしい出来事だ。
 作業は、一班の面積をこれまで40Mだったのが半分にしたことも、協会傘下の運送会社の従業員がこれまで以上熱心に整備してくれたこともある。見違えるようなトラックの森は美しくなった。
posted by fg21 at 13:07| Comment(0) | 活動の記録

2022年04月23日

器具整備

IMG_4321.JPG
日時 4月23日(土)24日(日)両日とも晴れ 9:00〜12:00
場所 渋川 憩の森
内容 器具整備、薪整理、木工教室
参加状況 23日=14名・24日=11名 その他憩の森主催自然観察会=30名
コメント  4月のさわやかな風が流れていた両日である。今日は3月薪の整理のやり残した分を実施した。憩の森主催の森林観察会が開かれていたのでFG21から3名が特別許可を得て参加した。新年度最初の観察会で「春を彩る樹の花」で講師は関端孝雄氏である。憩の森では桜が満開でうっとりと見とれるほど爛漫に咲いている。この桜を中心に解説していた。参加者も花の美しさに見とれて講師の話に聞き入っていた。桜の種類はエドヒガン・ヤマザクラ・カスミザクラ・オオヤマザクラ・ミネザクラ・チョウジザクラ・マメザクラ・ミヤマザクラ等々約80種類あるとか、桜は、日本列島では1年中咲いているとか。
我々の感覚ではソメイヨシノや山桜程度であるがやはり専門官が説明を受けると知らない桜が一杯あることに気づかされる。
24日にはチェンソーを整備する人、木工クラフトを制作している人。ホウの樹の活用を考える人。参加者を4班に分かれてそれどれ得意分野の整備を行った。全員が一つの事柄で整備をするのもいいが今回のように得意分野に分かれて整備するのもいいかな
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録