2021年07月17日

緑の県民税

IMG_0374.JPG
日時 7月17日(土)快晴8:00〜12:30
場所 東吾妻町五町田地内
内容 若竹の保守管理
参加者 FG21会員5名
コメント  昨日は、気象庁の梅雨明け宣言を聞いた。梅雨明け後10日間は、比較的に天候は落ち着いているようだが今年はいかがだろう。温暖化が進んでいる昨今、気象用語は激しい言い方が普通になっている。線上降雲帯、ゲリラ豪雨、100年に一回、想定外、土石流と地球はどうかしているようだ。温暖な地球に戻すためにそのためにも山や森が大切なのだが。そのうえこの地にも熊が出没していると??
昨年真竹の皆伐作業を行った五町田で若竹の伐採作業を5人の会員で行った。今日からはサマーデーを採用して早朝作業し、日中は休憩をとるようになったが作業中は沸騰している汗が目に入るほど過酷な環境での作業となった。参加者は、刈払い機で参加者の背丈以上に伸びている若竹を伐採している。参加している5名の強者どもは、0.27Ha約3時間で昨年皆伐した姿に戻した。参加者は何も言わずただ黙々と自分との戦いをこなしてきた。五町田の竹林は、作業開始前と終わった後では、景観がすっかり変わり驚嘆の声が出ている。作業を終えた人にヤマユリの香りを乗せたさわやかな風が吹き始めた。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2021年07月11日

伐倒造材研修

IMG_0344.JPG
日時 7月11日晴れ8:30〜
場所 観音山
内容 伐倒造材
参加状況 FG21会員9名
コメント  伐倒造材研修が先月より梅雨前線のいたずらで延び延びになっていたがようやく研修ができた。研修会は、6月26日憩の森で座学による研修会を行っている。今回も憩の森で実施した2班に分かれて行った。しかし、研修会がのびのびの為会員の参加も若干少な目だ。それでも今年入った若い2人は特に熱心に講師のアドバイスを聞き漏らさないよう頑張っているのが目についた。この人たちがFG21を背負ってもらえれば前途洋洋だ。最初に駐車場の確保のため車が入る場所の下刈りを行った。その後2班に分かれ針葉樹を求めて北に進む班と正面に進む班に分かれた。北に進む班が若い2人がいる。
伐倒木を見つかり、その木に伐倒方向をより正確にするためにロープをかけ何回も修正を重ね受け口を作る。追口を切り最後にくさびでゆっくり倒す。基本道理に行うが木が思うように倒れない。やっと倒れ木に枝打ちを行い3Mに造材する。先輩たちが見守る中この訓練を繰り返し行う。一通りの研修が終わる時を見図るように天候が怪しくなり終了する。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2021年06月26日

研修(令和3年度森林・山村多面的機能発揮対策事業一環)

IMG_0302.JPG
日時 6月26日(土)曇り9:00〜15:30
場所 憩の森森林 学習センター講義室および屋外
内容 チェンソー取り扱い及びソーチエン目立ておよび模擬切磋
講師 安藤吉英氏、藤井秋男氏
参加者 講師含むFG21会員20名
コメント  FG21は、安藤氏と藤井氏に講師を依頼してチエンソーの取り扱いの研修会が始めた。座学は、作業始める前の気構えと安全に作業するには、を藤井氏が務めた。安藤氏は、チエンソー取り扱いを担当した。今回は説得力を高めるため参加者全員がチエンソーを机に置き説明を机に置いたチエンソーと見比べて講義を進めた。11:00には屋外に出て、参加者を安藤班と藤井班に分けて講義の内容を復習した。まずはソーチエンの目立てを行った。ベテランの人たちはまずまずきっちりした目立てをしている。初めての人たちは、丸やすりを講義通りなかなか思うように動かず講師やベテランの人とマンツウマンで目立てをしていた。午後からは2班に分かれて自分が目立てしたチェンソーをもって丸太に挑んだ。先にベテランがお手本として切る。受け口が伐倒方向に向いているかいない場合修正をして追口を切って見せた。新人は受け口と伐倒方向がちぐはぐだったり、修正すると丸太の半分以上に切り込んでいたりしながらアドバイスを受けている。ベテランと新人がうまく絡みながら研修は終わった。
posted by fg21 at 10:34| Comment(0) | 活動の記録

2021年05月15日

薪割り

IMG_0173.JPG
日時  5月15日(日)曇り9:00〜16:00
場所  憩の森 FG21事務所脇
内容  クリの原木で薪割
参加者 FG21会員8名
コメント 薪割は、会員の有志による原木の採集、搬出から薪割を完了させるために憩の森で小割する作業を実施した。途中薪を干すために積み上げた棚が風なのか、有害獣かによって一部倒され、その修復作業も加えた。薪は、古くて新しいエネルギーであるとともに癒しの部分もある。ストーブの中で燃え盛っている炎をみていると心が穏やかになってくる火が持つ不思議な魅力である。薪割は福島の原発事故の影響で中止をしていたが機器は一発でエンジンもかかり軽やかな動きをしてくれている。この薪割機は業務用に使えるほど破壊力が大きく、大きな木の幹もたちまち食い込み割こむ。一方で古くからマサカリで器用に薪を割っている。マサカリを借りて薪を割るにはコツがあるらしい。やはりなれの問題か。水戸黄門のテレビを見ているとマサカリを使ってのシーンが度々出てくる。薪に節がなければテレビのシーンと同じくきれいに割れる。このときの気分は何とも言えず爽快な心持である。たまに見学者もいて拍手を送ってくれる。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2021年05月04日

新情報  全県 警戒度4

5月4日 上毛新聞によると(群馬県は)新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県は3日、独自運用している警戒度を、4日から県内全域の35市町村で最も深刻な(警戒度)4に引き上げることを聞けた。県によると4月27日〜今月3日の1日当たり新規感染者数の平均は68.9人で前週(37.1人)の約2倍。感染力が強いとされる変異株「N501Y」は、同日までに累計117人の感染が判明している。
感染度4での要請内容
県民 不要不急の外出自粛、生活物資の買い出しや通勤、通院など、日常生活に必要な外出を除く。
酒類を提供する飲食店など
 8~21日午後8時〜午前5時の営業を自粛。店の規模、売り上げに応じて協力金を支給する。
県立学校の部活活動
 全国規模の大会につながるものを除き、対外試合は自粛。校内の部活動は感染リスクの低い活動のみ実施可能。
posted by fg21 at 13:31| Comment(0) | 日記