2021年09月19日

竹林伐採(奥田編)

IMG_0749 (2).JPG
日時 9月19日 晴天 8:30〜15:30
場所 奥田地内宮貝戸部落
内容 竹林伐採と粉砕 0.11Ha
参加状況 FG21会員9名
コメント  昨日まで台風14号の影響で雨天続きであった。青い空がどこに行ったのかこのところお目にかからなかった。今日は台風一過である。空を見上げれば雲一つなし青い空が一面に広がっている。少し大げさに言えば温暖化の影響により澄み切った秋の青い空がなくなったかと思わせるほど雨がいつ降ってもおかしくないような日々が続いた。
 この青空の下で奥田地内の宮貝戸部落において竹林の伐採作業を開始した。3年ほど前にこの地で竹林の伐採を行ったらしい。その折の作業は切捨て皆伐だったらしい。竹林自体は見た目に枯れた竹林はない。しかし切捨て皆伐の為に竹林内には、切った竹が草や若竹に隠れているが棚積されている。下刈とともに膨大な枯朽している竹が見つかる。竹は青空に向かって伸びているものと思いきや横に棚積みされているとは・・・作業は下刈から始めた。切った竹は、チッパー機に投入して粉砕をしてゆくのだがチッパー機が駄々をこねる。少し粉砕しては止まり、また少し粉砕しては止まりで昼過ぎにはとうとうギブアップをしてしまった。チッパー機は業者に修理してもらうが今日の作業は終にした。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2021年09月11日

林道北榛名山線

IMG_0450.JPG
9月8日(水)曇り8:00  9月11日(土)曇り8:30
場所 東吾妻町泉沢地内
内容 林蔵沿線の除草作業
参加者 8日=6名、11日=10名
コメント  林道北榛名線は2日間も雨にたたられ予定よりも長引いたがこれまで行った他の林道作業が順調に終えることができたため計画通りに4本の林道作業を終えた。振り返るとこの林道除草作業を終えると道路幅が広く、林産物だけの為に使っているだけではもったいない気がする。作業中、林道を通過する車両は皆無に近かったが突然何千万もする高級スポーツカーが5台も列をなして通過していった。
ふと思いつきだがこの林道において何か町おこしのような催しができないか。何故なら道路幅があり、道路は舗装されており、ところどころに美しい絶景が見られ、野生の日本鹿やカモシカが見られ、自然の魅力を堪能できる。岩櫃山をはじめ観光資源が豊富にある東吾妻町だからだ。自動車ツアーより自転車を主としてツアー考えのもありかな。東吾妻町観光課に一つ提案をしてみるかな。
 林道北榛名山線は5日間、延べ44名参加して7,000m2の除草作業を終えた。終えて振り返ると綺麗になった林道は悠然として見ごたえがある。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2021年09月05日

林道北榛名線

IMG_0647.JPG
日時 9月5日(日)8:00〜
場所 東吾妻町泉沢地内
内容 林道下草刈り
参加状況 FG21会員7名
コメント  9月に入り晴れた日がなく5日まで晴天時間が17分しかないらしい。本日も作業ができるかどうか迷たが天気予報によると午前6:00ごろから雨もやみ午前中は曇りで推移するとの予報のあったこともあり、作業は決行するとの判断から参加者に呼び掛けて8:00過ぎから作業に取り掛かった。9月1日、4日ともに雨で中止した焦りもあった。北榛名林道の作業はこれまで順調な進捗状況で、あと少し1500メータを残すのみとなっておりこの作業の参加者の実力では2日もあれば完了する工程まで来ている。作業開始時から霧雨の状態だったが天気予報を信頼して林道除草作業を開始した。開始後しばらくは小康状態であった。FG21の参加者は手際よく作業に取り掛かったものの1時間程度後雨が本降りに近い状態で降り出してきた。コロナ禍の昨今、雨に濡れた体に風でもひき起こしたら大変と作業は中止することとした。触れた体拭き、着替えを済ませて車で帰り始めると霧雨から止んでしまった。
 中止に伴い9月8日、今までの進捗から作業は休日に入る予定でしたが復活して作業日となった
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2021年08月28日

林道北榛名線

IMG_0638.JPG
日時 8月28日(土)晴れ、29日(日)晴れ8:00〜12:30
場所 東吾妻町泉沢地内
内容 林道の除草作業
参加 FG21会員28日=12名、29日=7名
コメント 今日から新しい林道北榛名線で除草作業を行う。集合場所より目的地まで移動中ちょっとしたアクシデントがあったものの参加者は猛暑をもろともせず積極的に作業を開始してくれた。太陽がまともに当たる道際では汗が噴き出るがその反面に木陰でそよ風が吹いていると地獄と天国に戻された体感を感じるほどその境界線がはっきりしているように思える。北榛名線には野生動物が沢山いるらしく我々を歓迎してくれているのかカモシカや日本鹿が飛び出してくる。少しじっとしてくれていたら写真も撮れるのだが。ただ子連れのクマに遭遇したらと思うと鳥肌が立つ。それと今年の豪雨によりこの林道でも小さな崖崩れが散見する。こんな山奥の崖崩れは報道されないため現場に来て崖崩れがあったらしいという程度か。林道除草作業は、今年4本目にあたる。参加者は要領よく作業をこなしてくれて順調そのものである。世の中がコロナやオリンピックで沸き立っているが我々は「理想の森づくり」励んでいる。この対象も面白いかな?
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2021年08月11日

林道作業

IMG_0480.JPG
日時 8月11日曇り(水)8:00〜13:00
場所 東吾妻町本宿地内
内容 林道除草作業
参加者 FG21会員7名
コメント  群馬県は新型コロナ感染が警戒度4クラスで連日100名以上の人が新規陽性になり苦しんでいる。そのうえ天気予報によると前橋地方は38度になるらしい。新聞によるとイタリアでは48.8度まで上がったようだ。異常気象が日常的になっている。地球温暖化防止にためにももっともっと森や山を愛していかなければならないのだが。ある国の横暴さが引き犯しているのか?
ここ坂倉線現場の体感温度はそれほど熱くないようだ。じっとしているだけでは汗もかかない。しかし体を動かし始めると汗は待っていましたというか、これでもかこれでもかと分け出てくる。8月8日、予定していたがトリプル台風の為伸びて本日が初日となった。今日は平日にもかかわらず7名の同志が集まってくれた。集まった強者により林道作業は順調に推移している。阪倉林道はこれまでの林道より距離が長く困難な過程を踏むがFG21会員は果敢にコロナ禍に猛暑にも立ち向かう。何回も言うが今日も参加してもらえた会員には頭が下がる思いだ。感謝 感謝。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録