2017年10月08日

藤岡市民活動フェスティバル

CIMG3004.JPG
日時  : 平成29年10月8日(日) 9:30  〜 15:00
場所  : 藤岡市総合学習センター体育館内外
内容  : ふじおか教育の日関連事業
参加状況 参加団体 55団体  
コメント
「地域をつなぐボランティア」のサブテーマのもと第12回市民活動フェスティバルが開催された。
ステージ部門は体育館ステージや屋外ステージで南京玉すだれ,オカリナ演奏,朗読劇,フラダンス
獅子舞,コーラス,スコップ三味線,太鼓演奏など日頃活動している多彩な内容を披露されました。
展示部門では屋内外でブースを設け活動をポスター,写真などで各団体のPRをしていた。
また各団体は体験コーナーを設け手芸品作成,看護師体験,食べ物釣りゲーム,光の万華鏡体験
間伐材での木工クラフト,手話体験,パークゴルフ体験,スーパーボールすくい,ミニ電車体験など
普段体験出来ない事が体験できた。FG21は緑のダム解説,竹馬販売,シオリづくり体験,
オリジナル版画づくりを行ない好評を得た。フィナーレでは藤岡元気太鼓のみなさんが会場の
皆さんと一体となって会場を盛り上げて頂き参加された皆様も楽しい一日となったおもいます。
文責 本間行夫
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2017年10月01日

森の鎮守様

CIMG2910.JPG
日時 10月1日(日)晴れ8:30〜15:00
場所 前橋青柳町
内容 雀宮下草刈り
参加者 FG21会員6名
コメント 土曜日、日曜日が連続して快晴で有った。何か月ぶりだろうか、今年は天候が不順で予定通り進捗しない。今週は天候が良いのに参加者の集まりがいい方でない。各人は地域の運動会、街のイベントが集中して1年で一番忙しい月でもある。雀宮は青柳町の人達にとって大事な森の鎮守様である。今年も10月22日秋の大祭が模様される。多くの人達が雀宮にお参りに来ることだろう。その折、雑草が生い茂っていては請け負っているFG21が地域住民に申し訳ない。参加者6名は一丸となって作業に精を出した。その甲斐があり、終礼時見違えるほど美しくなり、大祭する場所にふさわしくなった。
青柳町雀宮のすぐそばに上武国道(ルート17号)のバイパスが全線開通、交通量が多く、渋滞の傾向が時たま起こり静寂だった雀宮も眠りから覚めたような景観になった。その後ろに赤城山が悠然としてそびえており景観は抜群だ。
インターネットから 雀宮  雀に助けられてそれを祀(まつ)った宮にちなむ伝説的昔話。近世には日光街道の宿駅として発達。(日光例幣使街道一環か)
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2017年09月23日

イベントなどの準備

日時  : 平成29年9月23日(土) 8:30  〜 14:00
場所  : 東吾妻町 新巻
内容  : 竹馬用 竹の採集
参加状況 FG会員4名
コメント  10月8日藤岡市民フェスティバルを皮きりに11月3日の高塚の森紅葉まつりまで
イベントが目白押しである。FG21の活動は森林整備がメインであるが普及活動としてイベントにも積極的に参加している。出し物として 緑のダム 竹馬づくり 栞づくり お絵描きなど評判が良く定番になっている。今回はその一環として竹の採集をすることになった。
6時30分ごろ自宅を出るとき雨が降っている今日の作業が中止になったどうしょうと心の中で心配していたが幸い作業現場に到着時には晴天となった。気心の知れた4人ですので簡単にミーティングを済ませ作業に入る。竹馬に適した竹は中々見つからない太いとこれは大人用細いと子供用と自分に納得させて竹を集めた。蚊に首筋や手を刺されるコン畜生と思い蚊を手で祓う,考えてみれば蚊が悪いわけではない蚊の棲み処に不法侵入しているのは人間なのです。
人間は自分に都合の良い解釈する動物である。蚊に刺されながらも100本以上の竹を集める事が出来た。イベントだけでなく全ての事業には下準備いかんで成否のカギを握る。いい汗をかきイベントの成功を描きながら家路に着いた。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2017年09月16日

林道北榛名線作業

CIMG2849.JPG
日時 9月16日曇り、19日晴れ8:30〜15:00
場所 東吾妻町 五町田 地内
内容 林道両側下刈作業
参加人員 16日9名・19日10名
コメント  大型台風18号が大幅な進路変更に伴い、日本列島を縦断することがわかった。16日はまだ鹿児島に接近中にもかかわらず群馬も多少の影響が出てきた。幸い現場は、1日中どんより曇っているものの雨は降らなかった。今後の予定もあり、16日は16:00近くまで作業を続行した。この甲斐もあり、残すところ少しなのだが曇りの状況でこれ以上作業ができなかった。明日からの予定は連日のマスコミの報道により17日、18日は作業を中止として工期も迫っていることから平日の19日(火)に作業を再開した。今年は天候が異変に次ぐ異変となって計画が大幅に変更せざるを得ない。こんな年は珍しい。
 19日台風一過でよく晴れわたっている。作業環境はこれまでの降雨と風によりいい状況とは言えない
状況での作業となった。道路清掃についてもブロワーによって綺麗になっていたのに、雨と風によって荒らされている。こんな状況下の中でも参加者はこれまでの経験によりてきぱきと作業をこなしている。
FG21の仲間はこれほど逞しくなってきている、突然の作業日変更にも関われず多くの人達が集まっていただき工期にも間に合わせてくれ作業も終了で来きたことありがとう。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録

2017年09月10日

林道作業(坂倉線)

CIMG2837.JPG
日時 9月10日(日)晴れ8:30〜14:00
場所 東吾妻町本宿地内
内容 後片付け
参加者 FG21会員8名
コメント 土曜日+日曜日と2日、晴れたのは4月以来らしい。それほど今年は異常天気に悩まされている。地球温暖化の影響だが、世界では何やらファーストがはやり、都議選で都民ファーストが旋風を起こした。直感だが地球のため人のためでなく、自分だけがよければそれでいいという風習がはびこってきたような気がする。FG21の団体は地球のため、人のために群馬のための活動を今までも・今も・これからもやってゆきたい。
 先週から3日間、4Km(両側で8Km)の林道沿線の下草刈りを行った。今日は道を塞ぐように枝が伸びている木や、刈った草が道に散乱している後始末を行った。その間の慰労を兼ねてくれたのか、幹周5.5Mの推定年齢600年??ケヤキの巨樹を鑑賞させてくれた。ケヤキの巨木は道端にあり、静かに我々を見守っている。時代をさかのぼれば戦国時代に真田、武田、今川、徳川がこの地で何をしていたのか知っているに違いがない。我々の役得というべきなのか時には自然がわれわれを慰労してくれる。FG21も団体として長く長く持続してほしい。このケヤキを見てFG21のこれまでの軌跡をふと思った。
posted by fg21 at 00:00| Comment(0) | 活動の記録